1. まとめトップ
  2. ガールズ

【太もものたるみ・原因と改善】かんたんにできる内転筋(太ももの筋肉)を鍛える方法

自分では気付きにくいバックスタイル。かんたんエクササイズで美しく♪

更新日: 2013年11月28日

2101 お気に入り 198378 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

うさGさん

おばさん体型?加齢とともに衰える内転筋(内ふともも)

加齢、そして運動不足が原因で筋肉が衰えると、太もも全体にハリがなくなってたるんできます。

内転筋は衰えやすいので意識する必要がある

内転筋は加齢とともに必ずと言っていいほど、衰えます。それが原因でO脚になり、膝が痛くなる原因に。

女性は骨盤の構造上、男性よりも太ももの筋肉が衰えやすいんです。

このラインは普段あまり使わない筋肉なので、意識しないとどんどんお尻が垂れたり横に流れていってしまいます!

これって内転筋をきちんと鍛えればいいのかも…♪

梨花もブログで内転筋を鍛える事に触れています。

こんな症状が出てきたら要注意

日常生活で靴の底の外側が減っていませんか?もしくは、椅子に腰かけている時に、膝が開いていませんか?これは、内転筋が使われていない証拠です。

普段の生活の中で意識する

歩く時は親指の下の母子球から床につけるようにして歩く。座った時には膝を必ずつける。など日常動作の中で、意識して内側の筋肉を使うようにしましょう。

階段を使ったり、立っている時はお尻に力をいれて背筋をのばしたりするような、本当に基本的なことも非常に大切です。

電車通勤の方はできるだけ立っていましょう。つり革につかまり、窓に映る自分の立ち姿を意識してください。この時にお尻周りの筋肉に意識を持っていくと良いですよ。

1