1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

世界の「ラピュタすぎる」絶景スポット

天空の城ラピュタのモデルになったかもしれない「ラピュタすぎる」場所をまとめてみました。

更新日: 2019年09月01日

1790 お気に入り 240464 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

naoko5さん

宮崎駿の「天空の城ラピュタ」に出てくる天空の城です。

「竹田城跡」がラピュタすぎる

兵庫県朝来市にある竹田城跡。日本百名城の1つで天守閣などがない石垣のみの状態ながら城マニアの方々からもかなり評価の高い城跡

竹田城跡は、「天空の城」とも、日本のマチュピチュとも呼ばれていて、ラピュタのイメージそのものです。

雲がかかると、地上から浮かんでいるように見えますね。

「モンサンミッシェル」がラピュタすぎる

車で近づいていくと異様な建造物が突然視界に入ってくる感じで、奇妙なことに私の第一印象は「あ、天空の城ラピュタだ!」というものであった。

モンサンミッシェルは、フランスにある修道院です。外観は、ラピュタそのものに見えます。

潮が満ちて来ると、地上から浮かんでいるように見えます。

「チヴィタ」がラピュタすぎる

この景色に感激♪まるで物語の世界に迷い込んだよう。チヴィタは『天空の島』『陸の孤島』などと呼ばれている町。それも納得。この町は断崖絶壁のがけの上に作られそこをつなぐのはこの1本の橋のみ。

チヴィタ・ディ・ヴァニョレージョは、イタリアの中部にある切り立った崖の上にある村です。ラピュタに似ているので、日本人観光客も多いです。

雲がかかると空に浮かんでるように見えます。

「マチュピチュ」がラピュタすぎる

世界中から観光客が訪れる、空中都市 マチュピチュ。ジブリ作品で、ラピュタが一番好きな私としては、パズーとシーターが、ラピュタに不時着?した場面を髣髴とさせる景色が、目の前に広がっている感じでした。

マチュピチュは、ペルーのアンデス山脈にあるインカ帝国の遺跡で、ラピュタのモデルと言われている場所です。

少し雲がかかると、浮かんでいるように見えます。

「セント・マイケルズ・マウント」がラピュタすぎる

海岸の小島に築かれた修道院としてはフランスのモン・サン・ミッシェルが世界遺産にも登録され有名ですが、イギリスにも同様のものがあります。それがコーンウォールのセント・マイケルズ・マウントです。

イギリスのセント・マイケルズ・マウントは、モンサンミッシェルの対岸にあります。島までの道は、干潮の時のみ現れるという不思議な島です。

満潮になると、島が空に浮かんでいるように見えます。

「ロライマ山」がラピュタすぎる

サバンナの真中に、1,000 メートル近く切り立った壁は、遠くから見ると陸に浮かぶ軍艦にも形容される。

ベネズエラにあるロライマ山は、1000メートルの切り立った崖になっていて、雲の上まで岩が突き出しています。その姿は、天空の城ラピュタの世界観に似ていると言われています。

この岩と緑の風景は、まさにラピュタそのものですね。

「ゴルド」がラピュタすぎる

なんとなく見覚えありそう?そう、ここゴルド、実は“天空の城ラピュタ”のモデルになったということだそうです。

南仏にあるゴルドは、「フランスで最も美しい村」とさえ言われる村です。日本人の観光客の多くが、天空の城ラピュタをイメージしてしまうほど、ラピュタに良く似ています。

出典muso.to

雲がかかれば、天空に浮かんでいるようにみえて、まさにラピュタのイメージそのものです。

「ベンメリア」がラピュタすぎる

1 2





このまとめへのコメント3

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1