(個人情報取扱事業者でない個人番号取扱事業者が保有する特定個人情報の保護)
放送機関、新聞社、通信社その他の報道機関と宗教団体、政治団体は免除されている。

(措置の要求)特定個人情報システムを外国(反日国家)へ発注するための伏線
第五十四条 委員会は、個人番号その他の特定個人情報の取扱いに利用される情報提供ネットワークシステム
その他の情報システムの構築及び維持管理に関し、費用の節減その他の合理化及び効率化を図った上でその機
能の安全性及び信頼性を確保するよう、総務大臣その他の関係行政機関の長に対し、必要な措置を実施するよ
う求めることができる。

第三節 雑則
(規則の制定) 小さく生んで大きく育てる公明党の人権擁護法案 支那朝鮮が日本人社会を支配する。
第五十七条 委員会は、その所掌事務について、法律若しくは政令を実施するため、又は法律若しくは政令の
特別の委任に基づいて、特定個人情報保護委員会規則を制定することができる。

第七章 法人番号
(通知等) 国税庁を支配してありとあらゆる組織団体を支配する。
理由は特定個人情報の漏洩の疑い(人権侵害の疑いと同じ)

第五十八条 国税庁長官は、政令で定めるところにより、法人等(国の機関、地方公共団体及び会社法(平成
十七年法律第八十六号)その他の法令の規定により設立の登記をした法人並びにこれらの法人以外の法人又は
法人でない社団若しくは財団で代表者若しくは管理人の定めがあるもの(以下この条において「人格のない社
団等」という。)であって、所得税法第二百三十条、法人税法(昭和四十年法律第三十四号)第百四十八条、
第百四十九条若しくは第百五十条又は消費税法(昭和六十三年法律第百八号)第五十七条の規定により届出書
を提出することとされているものをいう。以下この項及び次項において同じ。)に対して、法人番号を指定し、
これを当該法人等に通知するものとする。

前へ 次へ