1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

フラスコみたい。ドイツの化学者が作ったコーヒーメーカー「Chemex」の魅力

最近、ライフスタイル提案型のセレクトショップでよく見かけるようになったChemexの魅力について私が撮った写真とinstagramの写真を集めてまとめてみました。instagramの事務所での写真も載せています。(一部間違いがあったので修正しました。)

更新日: 2013年05月30日

moimoet66さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
633 お気に入り 72574 view
お気に入り追加

▼Chemexとは

1941年,Peter Schlumbohm博士により発明されたコーヒーメーカー。
ホウケイ酸ガラス製で木の襟とひもで固定されており、(写真のくびれ部分です)
誰にでもおいしくコーヒーが作れるコーヒーメーカー。
Chemexのアイコンであるコーヒーメーカーは70年間変わらぬ形で在り続けています。

木の襟(というか実際は持ち手部分になります)と革の紐は、究極の愛好家になると自作する人もいるとブルータスの特集で読んだ事があります。それぐらいみんなケメックスが大好きなんです!私も大好きです!
なおケメックスの会社自体はアメリカにあります。

▼おいしさのひみつ

その1 一般的なフィルターより強度がある
その2 円錐形で一箇所から落ちるため均一な濃さで落とせる
その3 ドリッパーとサーバーが一体になった形

市販のコーヒーメーカーフィルターよりも厚くてしっかりしたフィルターです。
3cups用は自分でフィルターを折ってセットするので、そこも儀式めいていて楽しい点の一つ。
そしてペーパーフィルターのため、
エスプレッソ方式よりも油分などが漉されて、あっさりした飲み易い仕上がりになるように感じます。

これはうちの人にいれてもらってる写真です。

▼実はこんな人も愛用していた・・・

先日、ひみつの嵐ちゃんで鈴木京香さんがゲストのとき
ケメックスのコーヒーメーカーで入れていた・・・

ちょっと前にやっていた「ひみつの嵐ちゃん」で、鈴木京香さんがお気に入りのものとしてケメックスを持参し、コーヒーを入れていました。なんともまぁ絵になる映像でした。

出典ameblo.jp

ほほえましい。
ケメックスはコーヒーが落ちる間の話題にもなります。形がユニークなので。

▼柳宗理も使っていた

彼が長年、愛用しているというケメックスは、父 宗悦が戦後間もなくアメリカ土産として買ってきたものという。しかも、宗悦がケメックスを購入したキッカケが、アメリカのミッドセンチュリーを代表するデザイナー チャールズ・イームズの自邸においてケメックスでコーヒーを御馳走されたことに感激してのことだった

チャールズ・イームズもこれでコーヒーを飲んでいたなんて、ファンとして震えます。

▼海外のChemexアディクトたちのinstagram画像

ガラスハンドルつきはあまり見かけませんが、商品ラインナップとしてはあるようです。

スウェーデンの人の母の日のコーヒーブレイク。

キッチン?アトリエ?

フォトグラファーの人のテーブルの上。
卓上にも置けるところもいいですよね。

ケメックスでコーヒーいれてミーティングしてるみたいです。
なんかうれしい・・・

▼日本で買えるお店

1





moimoet66さん

【お知らせ】
キリのよいところでまとめを退会する事に致しましたので、お気に入りしてくださっている内容はリンク先を直接お気に入り登録して頂く事をお薦めします。読んで頂き本当にありがとうございました。



  • 話題の動画をまとめよう