1. まとめトップ

【アプリ】簡単3分バージョンダウン方法 iPhone6s/6sPlus/6/6Plus/5s

玄関あけたら3分で復活。App Storeでバージョンアップしたアプリが使いづらい!やめときゃよかった!を、カンタンに無かったことにできます。4ステップで解説。

更新日: 2015年09月12日

iPhone_diveさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
23 お気に入り 95217 view
お気に入り追加

アップデートしたアプリが使いにくい! 3分復活レシピ

ステップ1【PC/Mac】iTunesで同期

PCにつないで、iTunesで同期しよう。

ステップ2【iPhone】バージョンダウンしたいアプリを削除

アプリアイコンを長押しして、×をタップして消したいアプリを削除

ステップ3【PC/Mac】旧アプリをダブルクリック

アプリ本体の場所は
■Macの
HOME/ミュージック/iTunes/Mobile Applications/

■Windows
C:/Documents and Settings/ユーザー名/My Documents/My Music/iTunes
/Mobile Applications


この中にある、●●●●.ipaファイルがアプリ本体。
最新バージョンしかない場合は、ゴミ箱に入っている可能性も。

旧アプリバージョンが見つかったら、ダブルクリック
ダイアログが出たら→「置き換える」を選択して準備OK

最終ステップ【PC/Mac】iTunesで再度同期

以上で復活完了。


《アプリが見当たらない?》
iTunes「App」タブで、該当アプリのチェックが入っているか確認しよう。

【重要】《アップデート》と《PCのiTunesで同期》がキモ。

iPhoneでアプリアップデート後、iTunesで同期しておけば
各バージョンがPCに保管され、いつでも旧バージョンのアプリに戻せるようになる。

AppStoreからダウンロードできるのは、最新バージョンのみなので
マメなアップデートがおすすめ。

【関連リンク】

1





iPhone_diveさん

@iphone_dive
日々簡単ベンリを追求中