1. まとめトップ

美肌になるために知りたい【ニキビ】を吹き飛ばす洗顔・スキンケア

ニキビは美容の大敵、特にこれからの季節は肌トラブルにも悩み安くなる季節です。どうすれば美肌を手に入れることができるのか、ここではニキビ対策・ニキビ解消のための洗顔・スキンケア方法を紹介します。

更新日: 2013年05月30日

35 お気に入り 24581 view
お気に入り追加

ニキビが出来る原因は?

皮脂が過剰に分泌して角質とともに毛穴につまり、常在菌のアクネ菌が増殖し、炎症を起こしてしまうのです。

ひどくなると化膿することもあるのです。

皮脂の分泌が増えるのは、ホルモンバランスの変化が原因とされます。

生理前や環境の変化のほか、ストレス・睡眠不足・便秘などが引き金になります。

過剰に紫外線を浴びるとインナードライになり、肌のターンオーバーサイクルが乱れバリア機能が低下し、ニキビができやすくなってしまう。

インナードライ=隠れ乾燥肌、20~30代に多いとされている。

洗顔方法

しっかり泡立てて作った泡で、指が肌に軽く触れるくらいの、弱い力加減で洗顔しましょう。

ゴシゴシ強く洗顔すると角質や皮下組織にもダメージを与え、状況が悪化します。

クレンジング後はメイクだけでなく皮脂も落ちるので、クレンジング後に入浴後しよう

皮脂が落ちた後に風呂にはいると、お風呂の蒸気の影響で乾燥が進行してしまいます。

ハンドプレスをしてじっくりと化粧水を浸透させた後、美容液・クリームでケアをしましょう。

しっかり肌を潤し、根本から皮脂を抑えましょう。

スキンケアアイテムの選び方

スキンケアでは、殺菌性用のあるローション・美容液がオススメです。

逆に油分の多い美容液・乳液は避けましょう。

インナードライ肌向けの保湿スキンケアアイテムを選ぶ。エタノールの入っていない化粧水、油分の少ないクリームなどがオススメ。

周りの道具にも注意!

洗面台のタオル、風呂場のバスタオル、寝室の枕カバー・シーツなどにも雑菌が潜んでいます。

肌荒れ時に使ったタオルを使いまわすのは炎症・肌トラブルが広がります。

寝室の枕カバー・シーツはこまめに交換して清潔に保ちましょう。

オススメ(らしい)化粧アイテム

毎日肌に浸透させることで、肌の深層部からキメを整えてくれるニキビ予防のピーリングアイテム。
この商品なh拭き取りが要らない化粧水なので、初めてピーリングする人も安心して使える商品。
塗った後3分おいてからスキンケアすることで、効果が高まる。

売上3000まんこの定番商品。
大人ニキビに効果的で、超皮脂肌向けの「L」タイプ、普通肌・乾燥肌向けの「M」タイプと、肌に合わせて使うことが化膿。
さらっとしたテクスチャなのでベタつきが苦手な人にもオススメ。

1





KAIDEN_GORILLAさん