1. まとめトップ

うまい棒に彫られた仏像「旨仏」

誰しもが駄菓子屋さんで買ったことがあるであろうスナック菓子「うまい棒」を使った特殊なアートをご紹介。現代美術作家の河地貢士(カワチコーシ)さんがつくる、うまい棒に仏の顔を彫刻した仏像「うまい仏」です。

更新日: 2013年06月03日

25 お気に入り 32214 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

babooooさん

■「うまい棒」に彫られた仏像「旨仏(umai butsu)」

この子供や若者を中心に人気のある駄菓子うまい棒に彫られた仏像「旨仏(umai butsu)」は、現代美術作家の河地貢士氏によって作られたもの

完成した暁には「食べる」というパフォーマンスがこれまた笑いを誘います。

■現代美術作家の河地貢士氏とは?

アーティストプロフィール:河地貢士
岐阜県多治見市生まれ。現代美術作家。インスタレーション、彫刻、写真、ドローイングなど様々な手法で、日常におけるフィクションをテーマに作品を制作。うまい棒(スナック菓子)を円空仏風に彫った「うまい仏」、漫画を苗床に野菜を栽培する「まんが農業」等は国内外のメディアで広く紹介される。

河地氏曰く、

はかなく、もろく、軽薄で、不健康。まさにこの世はスナック菓子のよう...
そんな世界をいとおしく想う。

とのことです。

河地さんはこのほかにも「ポテトチップス」や「ベビースターラーメン」などお菓子を使ったアート作品を創作している。今度は「ハッピーターン」に挑戦してみたいんだとか。

■これまでの活動と世の中の反応

様々な展覧会で発表されてきたのだが、反響は上々。国内外問わず、賞賛の声が寄せられている。海外では、まずCNNが河地さんの活動に目をつけた。

今までにもニュージーランドに数々の作品を出展。また、ニューヨークにおけるグループ展への出展、ドイツでの個展など

特に海外から好評なのが『まんが農業』なる作品。これは、分厚いマンガ雑誌を苗床にして野菜を栽培するという、インスタレーション作品。

■Twitterの反応

うまい棒に彫刻して作り出す仏像がすごい!旨仏(うまいぶつ)。正に現代の円空。ぜひライフワークにして12万体を達成して欲しい(謎)。 http://nico.ms/sm5360226 #nicovideo #sm5360226

うまい棒に仏像をほってる人がいて、妹を無理矢理起こしたら着てるカットソーが後ろ前で、しかも裏返しで着てておもしろかった!しかもうまい棒の人が39才でおもしろかった!妹は寝た

1 2