1. まとめトップ

セロトニンとは?

セロトニンとは『ノルアドレナリン』や『ドーパミン』と並んで、体内で特に重要な役割を果たしている三大神経伝達物質の一つです。

セロトニンは、ノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑え、心のバランスを整える作用のある伝達物質で、セロトニンが不足すると精神のバランスが崩れて、暴力的(キレる)になったり、うつ病を発症すると言われています。

セロトニンが増えると?

よく眠れるようになる
セロトニンは、睡眠ホルモンであるメラトニンの材料にもなり、夜にはメラトニンが私たちを睡眠へといざないます。

ストレスに強くなる
ヒトが強いストレスにさらされた場合に、血圧や心拍数を上昇させるといった交感神経系の働きが高まりますが、これにはノルアドレナリンが関係します。

感情のコントロールや、心のバランスを保つ
セロトニン神経は、よしやるぞ!という感情とはぁ~、ダメだ~という感情のどちらか一方に極端に傾かないようにバランスをとっています。

セロトニンが不足すると?

・怒りっぽくなったり緊張であがりやすくなる
・気分が沈みやすくうつ傾向になる
・欲求不満になる
・不眠になる
・朝になかなか体が動かない
・顔に覇気がなく姿勢が悪くなる
・冷え性になる
・痛みを感じやすくなる

1.不眠
 2.やる気、集中力の低下
 3.脳機能(思考能力、注意力欠陥)の低下
 4.うつ病
 5.もの忘れの増加

セロトニンを増やす方法!

起きたらすぐに太陽の光を浴びること
セロトニンは、日中の明るい時間帯に多く分泌されるホルモンですが、その切り替えのスイッチとなるのが、朝、起床時の日光です。

食事をする際に、よく噛む
栄養の効果的な摂取や、消化を助けることにもつながりますし、あごの筋肉の維持など、セロトニンの活性化以外にも様々なメリットがありますし、どなたでも簡単に試せる方法です。

リズム運動(リズムが繰り返される行動)
リズム運動を行なう時はなるべく集中して行うことです。周りに気を取られていたら、セロトニンが活性化されないという実験データがあります。毎日20~30分間、一定のリズム運動を続けることがコツです。

首回し
セロトニンは脳のほうせん核という場所で作られていますので、ここを刺激するとセロトニンを増やすことができる。

セロトニンが増える食材!

カツオ・マグロなどの赤身肉
カツオ、マグロなどの赤身には、セロトニンを作るトリプトファンとビタミンB6両方がたっぷり含まれています。

豆腐、豆乳、納豆、みそ、チーズ、ヨーグルト
良質なトリプトファンとタンパク質を取ることができます。朝食に食べると腸の調子も整えてくれるので一石二鳥です。

しょうが、ニンニク、とうがらしなどの調味料
ビタミンB6がたっぷり摂取できる調味料です。

1





strawberryhuntさん