1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

漫画「おとりよせ王子」で紹介された 絶品取り寄せグルメまとめ

いま話題の「おとりよせ王子 飯田好実」で紹介されている絶品取り寄せグルメまとめです。

更新日: 2014年11月22日

tori-negiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3384 お気に入り 1203827 view
お気に入り追加

「おとりよせ王子」って?

普段はプログラマとして働く彼「飯田好美」は、実はネットで密かに有名な「おとりよせ王子」。

そんな彼が、全国各地の美味しいものを「おとりよせ」して食べる。
それだけの漫画なのだが、その食べ物の描写や、飯田好実の普段とは違うテンションでのご紹介に、読んでいてお腹が減ること間違いなし。

夜中に読むとかなり危険な一冊です。

著:高瀬志帆 先生
『月刊コミックゼノン』(徳間書店)で連載中。

1.卵かけご飯セット(但熊)

兵庫県・但熊の「卵かけご飯セット」

抗生物質などを一切使わない餌で育てた鶏の卵は、濃厚な卵の旨味が口の中でとろける。

米は高級料亭のシメなどでも使われる山形産「夢ごこち」
それらを、専用の「たまごかけごはんしょうゆ」と「かき醤油」でいただく贅沢卵かけご飯。

卵のコクとかき醤油のコクが混ざり合った至高の逸品。これで3150円は安い。

おとりよせ王子では思わず2杯連続でおかわり。

2.壱岐もの屋「島茶漬け」

玄界灘でとれた新鮮な「鯛」と「イカ」の切り身を、すぐにごま醤油だれに漬け込み、それをお茶漬けとして食べる壱岐料理。

それだけ食べても美味そうだが、付属の梅干しとあられを添えてお茶漬けにすることで、
鯛と烏賊の実が締り、ごまと魚介の香りが口いっぱいに広がる贅沢な茶漬けに。

それらの旨味が解け出した出汁とご飯を一緒にかっくらうともう幸せ。

3.オイル(花瑠)&オイスター(花星)

出典coaki.jp

瀬戸内海で育った、生でも食べられる牡蠣を一度醤油で焼き、さらにオイル漬けに。

油っぽくなく、牡蠣の旨味が凝縮されており、瓶を開けると芳醇な磯の香りが広がる。

プリプリとして濃厚で食べごたえがある実は、そのまま食べても美味いが、漬けているオイルを使ってパスタなどにしても絶品。

4.松阪牛 大とろフレーク

おとりよせとしては有名な「松阪牛のとろフレーク」

作中でも好実が「そんなどメジャーなもの!」と言っていたが、食べてみるとやっぱり美味い。

牛肉を冷凍し、フレーク状にしてあるのだが、これを凍ったままご飯にかけて食べる。
すると口に入れた瞬間牛肉が溶け、肉の旨味甘みだけが残るという一品。

卵を加えてユッケ風に食べるなどアレンジの仕方も色々考えられる。

5.五木屋本舗「山うにとうふ」

熊本県五木地方に伝わる「焼き豆腐のもろみ味噌漬け」

その濃厚で甘じょっぱいもろみ味噌の風味と、クリーミーな舌触りがくせになる。
「山うに」とあるように、うにのようにねっとりと舌に絡みついてくるような味は、一度食べたらやみつき!?

もろみ味噌のようにキュウリなどにつけるのもいいが、作中にあったように、おにぎりに塗って焼きおにぎり風に仕上げるのもオツかもしれない。

6.嬉野温泉名物「温泉湯豆腐」セット

佐賀県の嬉野温泉の名物として愛されている「温泉湯どうふ」。

普通の湯豆腐との違いは、専用の「温泉とうふ用調理水」で炊くことで、豆腐が「とろっとろ」に溶ける(!)

熱々とろとろの豆腐を掬い、専用の「ポン酢タレ」「ごまだれ」をかけて食べると、とろとろさっぱりコクのある不思議な触感にもう幸せ。

さらにこのセットには何と専用の「雑炊」もついており、1つで2度楽しめるというまさにおとりよせならではの一品。

7.日本酒「すず音」

シャンパンのように飲みやすい、炭酸系日本酒としてすっかりお馴染みと言える「すず音」
瓶の中でできた炭酸が「鈴の音」のように弾けることからその名がついたそうな。

日本酒だが、とても飲みやすく、女性にもオススメ。
また和食だけでなく洋食にも相性がとてもいい。

まとめ主もすでに何度もお取り寄せしている。

8.カチョカヴァロ

イタリア南部に伝わる、天井から吊るして熟成させるチーズ。その形の可愛らしさから人気急上昇中。

そのままだと舌触りの良い食べやすいチーズだが、
焼くと表面はパリっと、中はとろとろと、全然違った触感になるのも特徴。

生野菜とあっさりいただくか、焼いて濃厚とろとろで食べるかはあなた次第。

9.しそ薫る南高梅

熱くて湿気が多くなってくる季節に最適な梅干し。

この寺谷農園の「しそ薫る南高梅」は、自家製の梅を、シソや塩だけでなく、リンゴ酢やはちみつでつけているところが特徴。

一口頬張れば口いっぱいに、酸っぱさと梅のフルーティーな味わいが広がります。

甘みとしょっぱさのバランスも絶妙で、疲れた体にピッタリです。

1 2





tori-negiさん