1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

性は靴下を履いてセックスするとオーガズムに達しやすくなることがわかっています。これは足を温めることでよりリラックスした状態になるから。

 
 確かに寒くて鳥肌で震えながらってあんまりセクシーじゃない気がする……というか冷え性の私は寒さに神経がいっちゃってセックスに集中できない。。。

 
 日本ではセックスの話といえばなんとなく二極化されている印象を受けます。
 びっくりするぐらい下品な週刊誌的なネタか、厚生労働省のデータみたいに堅いものか。前者は時間の無駄だし、後者は自分ごと化しにくい。
 どちらも自分の日常からかけ離れている点では同じで、それだと個人的な悩みの助けには全くならない。

セックスレス!? あり得ない!」50代ベルリン受賞女優がメッセージ 他 セックスレス情報満載

人生における最大の贈り物なのに、それをしないというのは私にはまったく理解ができない。それに、痛みを伴わない幸せというのはないわ。人生を楽しむには代償が付きまとう。

 でもね、それを怖がって行動しないことにも代償というのは付きまとうの。グロリアは性をきちんと謳歌している。グロリアも代償を払うけれど、いろんなことを経験して、その末に、彼女は自由という自分の人生を獲得するの。そこを避けて通ろうとしても、それは無理。

男性が盛り上がる香りEDは動脈硬化初期・下着はなぜ卑猥?バイアグラは男を幸せにしない、

刺激すべきは嗅覚だった!? 男性が盛り上がる香りって?
LC(エルシーラブコスメティック)が実施した、男性を対象にしたアンケートでは、約94%もの男性が「女性の香りだけでときめいたことがある」と回答しています。単純でありながら、女性にとっては理解に苦しむ男ゴコロ。「男なんて胸を露出しておけばいいんでしょ」とあからさまに露出をしてドン引かれた経験ってないですか? どうやら男性のエロスイッチは見た目だけでなく、嗅覚を刺激することも大切なようです。

とはいっても、いつもと同じ香水やボディクリームに頼っていては意味がありません。エロスイッチをいれるには清楚かつ色気を感じさせる香りが大切なのです。そこでおすすめなのがベッド専用香水「リビドー ロゼ」。なんと、「男性の”エッチしたい”スイッチを入れる秘密の香り」とか。実際に使用している女性に感想を聞いてみました。

なぜ日本人は世界一“セックスレス”と言れるのだろう??どういう方法で、どんな統計をとっているのかよく分かりませんが、“日本は世界一のセックスレス大国”という記事をときどき見かけます。外国の人は、「日本人は働きすぎて、時間がないから」とか「住宅環境がよくないんじゃないの」などといろいろ分析しますが、本当のところはどうなのでしょう? 日本人がみんな働き者で、セックスをする時間がまったくないというわけではないし、住宅環境も日本人よりもっと狭い家に住んで

EDは加齢のせいだと思っている人が多くいるが、実は動脈硬化の初期症状ということはあまり知られていないそうだ。陰茎の血管は1-2mm程度と最も細くデリケートで、動脈硬化が陰茎の血管に最初に現れ、徐々にその他の動脈に派生するという。心筋梗塞や脳卒中を患った人は皆EDを早い段階で認識していたという報告もあり、男性の場合、血管系の病気のサインをEDが教えてくれると意識したほうがよさそうだ

バイアグラに代表されるPDE5阻害剤は、血管を弛緩させ、勃起不全(ED)の生理的側面には働きかけるが、心理的な原因は取り除かれないという。

「勃起の問題を解決すれば、夫婦関係の問題が解決するだろうと考えるのは早合点だ」とメリーランド大学医療センター(University of Maryland Medical Center)のアンドリュー・クレイマー(Andrew Kramer)博士は説明する。「幸福とは非常に複雑なもので、問題を抱える夫婦の多くは(薬による治療を受けても)またさらに別の療法が必要だ」

 勃起不全に影響を与える他の要因として、うつ病、不安、人間関係、アルコールや薬物の使用が挙げられる。

今週、イギリスとアメリカでそれぞれ、性行動に関する興味深い研究結果が発表された。【ソーシャルメディアの普及がセックスレス傾向の要因?】 イギリスの最近の研究によると、ソーシャルメディアに夢中になり携帯デバイスを寝室に持ち込むため、イギリス人はセックスが減少しているという。世界的医学誌「ランセット」が掲載した。 10年に一度発表される同研究によると、2010~2012年において、16~44歳の男性

夫婦の間だけではなく、若い恋人同士の間でも深刻となっているのが“セックスレス”。40代50代でのセックスレスであれば、「そんなもんだろう……」と納得もできるかもしれませんが、20代30代の男女でもセックスの頻度が少なくなっているのは少々問題アリ。日本人に増加する“セックスしない症候群”“独身症候群”。この現象は、欧米人にはまったくもって理解不能だといいます。そんな日本人のセックスレス事情を心配する声が海外でも広がっている模様。

10/5、中国で28歳の妻が眠っていた31歳の夫の陰茎をハサミで切断するという事件が起こりました。
夫はすぐに病院に運ばれ手術を受けましたが、
残念ながら接続できなかったとのことです。

夫婦は子供の姓名を巡ってケンカをしていた事、
子供の出産後はセックスレスになっており、妻が夫の浮気を疑っていた事が動機となったそうです。

中折れすることが多かった。前戯のキスの段階ではガン勃ちなのだが、乳揉み~クンニ&手マンのあたりで萎えてしまい、挿入に至らないケースが多発していたのである。ところがこの日の記者は、前戯中に中折れすることなく、彼女の中にスムーズ・イン。見事、ラストまで萎えず射精することに成功した。

 だがこの状態は、「絶倫粉」のドリンク版「絶倫粉液」を行為30分前に飲んでいたせいもあるかもしれない。つまり、粉末+ドリンクによるダブル効果が功を奏したのではないかと考えられる。ちなみにドリンク剤「ダイナマイトセックス.D」も後日テストしてみたのだが、「絶倫粉液」ほどではなかったが、似たような効果が確認された。これらのサプリには、医療ED薬のバイアグラやレビトラのような強烈なエフェクト感はない。あくまでナチュラルに男性力を上げてくれるのが特徴だろう。

AV男優歴26年、抱いてきたAV女優の数、8000人超。SEXの達人が引退を決意した理由は、新たな道を進むための男としてのケジメだった。
 「秋田で生まれ育ったのが第一の人生、業界で男優として26年間生きてきたのが第二の人生、そして50代の今、残りの第三の人生は自分のやってみたいことをやりたい。そのタイミングが今だと思ったんです」

 今後は、厚生労働省とともにエイズ撲滅の活動をしている『RED RIBBON』などのボランティアに力を入れる一方、
 「性に悩める人たちにアドバイスもしていきたいね。とにかく世の中のためになるようなことをしたい」
 と熱く語る加藤氏。

 思えば、加藤氏がここまで日本男児を惹きつけてきたのは“潮吹き”や“言葉責め”のスゴさだけではない。数々の女優をイカせた豊富な経験を通し、多くのメッセージを発信してきたからだ。そこで今一度、あらゆる場で発せられた語録を振り返り、加藤氏に直撃、その真意を語ってもらった。

うちの夫の奇妙な性癖」などなど、女の女による女のための性の饗宴。しかし、アレ? 「婦人公論」のセックス特集は、例えば「婚外恋愛じゃないと燃えない!」とか「本当のオーガズムを知りたいの!」とか、鼻息荒めに「エロを我らに!!」とプラカード掲げるハイテンションのイメージ。しかしながら今回は「癒やし」です。対談の顔合わせを考えると“癒やし”というより“刺激臭”の趣ですが……。

1