1. まとめトップ

アベノミクスで50億円資産増になった政治家

政界屈指の資産家、鳩山邦夫元総務相(自民)は7銘柄481万株を保有。2月に亡くなった母安子さんの父が創業したブリヂストンだけで415万株を持ち、半年で約50億円含み資産が増えた。「毎年20億円ほど税金を納めており、やりくりが大変」とこぼす。

更新日: 2013年06月01日

3 お気に入り 10322 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

july701さん

資産公開:アベノミクスで鳩山邦夫氏50億円資産増

衆院議員の3分の1の170人が昨年12月の当選時点で株を保有し、
このうち10万株以上持つ議員は14人いることが、27日に公開された資産報告で分
かった。届け出後に売買していなければ、この半年の株高で含み資産が億単位で膨らん
だ計算で、アベノミクスの恩恵に笑顔を見せる議員も。
ただ株価は23日に13年ぶりの急落となるなど先行きは不透明だ。

◇勝ち組
 政界屈指の資産家、鳩山邦夫元総務相(自民)は7銘柄481万株を保有。
2月に亡くなった母安子さんの父が創業したブリヂストンだけで415万株を持ち、
半年で約50億円含み資産が増えた。「株価は衆院解散直後から上がり始めたから、
アベノミクスというより民主党が嫌われていたのかもしれない」と顔をほころばせた。

 ファミリーレストラン「ジョイフル」相談役の穴見(あなみ)陽一氏(自民)は同社
の95万5300株を持つ。この半年で200円近く値上がりし、含み資産が1億50
00万円増えた。中村裕之氏(自民)は製薬ベンチャーのGNIを30万株保有し、
半年で約4倍値上がりして約1億4000万円含み資産が増えた。
事務所は「将来性を見込んで購入した」。

岡田克也前副総理(民主)は実兄が社長を務めるイオンの12万3000株を持ち、
株価は約300円上がり、約3000万円含み資産が増えた。

毎日新聞 2013年05月27日 11時22分(最終更新 05月27日 11時32分)
http://mainichi.jp/select/news/20130527k0000e010142000c.html

5108 (株)ブリヂストン

株価3,370円 前日比 +45(+1.35%)

415万株×3370円=139億8550万円

7261 マツダ(株)

株価404 円前日比 -10(-2.42%)

50万株×404円=2億200万円

2013年5月31日現在(終値)で2銘柄の時価総額は141億8750万円

50億…上場株持つ政治家の資産増

半年で約50億円含み資産が増えた

政界屈指の資産家、鳩山邦夫元総務相(自民)は7銘柄481万株を保有。2月に亡くなった母安子さんの父が創業したブリヂストンだけで415万株を持ち、半年で約50億円含み資産が増えた。「株価は衆院解散直後から上がり始めたから、アベノミクスというより民主党が嫌われていたのかもしれない」と顔をほころばせた。

ニコニコニュース(毎日新聞)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw628423

「毎年20億円ほど税金を納めており、やりくりが大変」とこぼす

安倍政権の経済政策「アベノミクス」効果による株高で、昨年の衆院選後、少なくとも4人の自民党衆院議員が、大幅に資産を増やしていたことが、27日公開された資産等報告書でわかった。一方で、アベノミクスを批判する野党議員も株高の恩恵を受けていた。

 報告書によると、上場株を保有している衆院議員は自民党を中心に約140人。昨年の衆院選翌日の12月17日時点での日経平均株価の終値は9828円だったが、27日は1万4142円で約43・8%上昇した。保有株の時価総額が1億円以上、増えた自民党の4人のうち、鳩山邦夫元総務相は、今年2月に亡くなった母・安子さんの父が創業したブリヂストン株415万株と、マツダ株50万株など、総額約140億円相当の株を保有。衆院選後に計約50億円、資産が膨らんだが、鳩山事務所は「毎年20億円ほど税金を納めており、やりくりが大変」とこぼす。

鳩山由紀夫氏引退で弟・邦夫氏が首位浮上、19億9884万円

27日に資産公開された衆院議員の中で、最も資産総額が多かったのは昨年12月の衆院選後、自民党に復党した鳩山邦夫元総務相(福岡6区)で19億9884万円。前回2010年公開で1位だった実兄の鳩山由紀夫元首相の政界引退に伴い邦夫氏の順位が繰り上がった。自民党は上位30位までに21人が入り、トップから9位までを独占した。

 上位30位のうち自民党以外は、日本維新の会とみんなの党が3人ずつ入った。公明党、生活の党、みどりの風が各1人。新人議員も4分の1に上った。民主党は赤松広隆衆院副議長(比例東海)の63位が最高だった。

 鳩山氏は、東京都文京区などの土地や建物が6億3675万円、預貯金などが13億6209万円だった。一方で借入金も15億1100万円で全議員中トップだった。

 2位の神山佐市氏(埼玉7区)は9億7445万円、3位の麻生太郎副総理兼財務相(福岡8区)は4億3623万円。

衆院議員資産公開 鳩山兄弟強し 兄引退で邦夫氏が首位浮上

27日に資産公開された衆院議員の中で、最も資産総額が多かったのは昨年12月の衆院選後、自民党に復党した鳩山邦夫元総務相(福岡6区)で19億9884万円。前回2010年公開で1位だった実兄の鳩山由紀夫元首相の政界引退に伴い邦夫氏の順位が繰り上がった。自民党は上位30位までに21人が入り、トップから9位までを独占した。

 上位30位のうち自民党以外は、日本維新の会とみんなの党が3人ずつ入った。公明党、生活の党、みどりの風が各1人。新人議員も4分の1に上った。民主党は赤松広隆衆院副議長(比例東海)の63位が最高だった。

 鳩山氏は、東京都文京区などの土地や建物が6億3675万円、預貯金などが13億6209万円だった。一方で借入金も15億1100万円で全議員中トップだった。

 2位の神山佐市氏(埼玉7区)は9億7445万円、3位の麻生太郎副総理兼財務相(福岡8区)は4億3623万円。

1 2