「血液型によって免疫力が決まっているからです。たとえば、外部からの異物と闘う抗体はリンパ球で作られますが、白血球のなかのリンパ球の割合が血液型によって異なる。調査すると、O型39%、B型37%、A型36%、AB型34%。つまり、O型がもっとも病気に強く、AB型はもっとも病気に弱いということです。

出典身長・血液型・学歴・家族構成から分かる がん・脳卒中・糖尿病ほか 「病気になりやすい人」の特徴|カラダStyle for MEN|現代ビジネス

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【血液型のあれこれ】性格・病気・占いの関連性まとめ

血液型毎に「基本性格の違い」「なりやすい病気」「占いの結果」その他も色々違いがあるといわれています。本当のところ、どうなんでしょうか?

このまとめを見る