1. まとめトップ
  2. 雑学

意味を知るとゾッとする...悲しい秘密が隠された世界の民謡たち

みんな知っているあの民謡・童謡に隠された秘密をまとめました。

更新日: 2013年06月03日

1093 お気に入り 968278 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nekofunkさん

ドナドナ(中東欧ユダヤ文化の歌)

『子牛』ではなく、捕えられ収容所に連れて行かれる『ユダヤ人』であると考えられています。

「ドナドナ」はワルシャワの詩人イツハク・カツェネルソンが作詞者で、彼の妻と二人の息子が1942年に収容所へ連れられた時の印象に基づいて書かれた歌

ドナドナって言葉は牛を追う時の掛け声と『アドナイ アドナイ(神よ神よ)』を引っ掛けてるらしい。

原曲は「ドナ」ではなく「ダナ」であるため、この説を否定する人もいます。真偽は不明。

大きな栗の木の下で(イギリス民謡)

この曲が伝わったのは戦争の真っ只中…もっと残酷で…悲しい意味の歌詞だったといわれています

一番の歌詞は2人の子供(片方は空襲などにより死んでいる)が栗の木(焼け落ちた家屋)の傍で、死んでしまった片割れの子供の手を取っている様が遊んでいるように見えたことからこの歌詞になった

またこの曲は第二次世界大戦後GHQの管理下にあった日本でアメリカ軍人が歌っていたことがきっかけで、日本でも知られる様になったとか。戦争と縁のある曲なんですね。

森のくまさん(アメリカ童謡)

相手の女性を欲しながら自分はそれに値しないという屈折した自意識のあり方が「森の熊さん」の歌詞には託されているのである。

「自分は自分が欲する相手の女性に愛されるに値しない、むしろ傷つけてしまう存在である、それゆえに自分は自分が欲する相手の女性に近づくことができない」

熊さんのナンパの歌という説がある。熊さんは、お逃げなさいと言うわりには、お嬢さんを追いかけてゆく。

そう言われるとそう聴こえる気も...

聖者の行進(黒人霊歌)

この歌がもともとはお葬式(の帰り)の歌だから・・というのは有名な話。

アメリカの曲名「When the Saints Go Marching In 」。Saintは聖者という意味の他に死者という意味もあります。

ニューオーリンズでは、埋葬に行くときには静かな調子で、埋葬の時は悲しげに。埋葬が終わると、この曲でパレードをして帰っていく。

お葬式になのに、こんなに華やかな曲という部分には、ニューオリンズの黒人奴隷の歴史を考えてみる必要がありますね。黒人たちにとって、つらく苦しい現世からの解放という意味があったのですね。

しゃぼん玉(日本の童謡)

作詞者の子供が死んだという説。しゃぼん玉が「魂」という説。

作詞したのは野口雨情。 彼は30過ぎてから結婚したのだけれども、なかなか子宝に恵まれなかった。 やっと授かったと思った子どもも流産してしまった。

ロンドンデリーの歌( ダニーボーイ ) (アイルランド民謡)

戦争に赴く息子を思う親の気持ちを切なく歌い上げる曲として有名

去ってしまったわが子を思う母親(父親説もある)の気持ちを歌ったうた

「花々がみな枯れ落ちるとき もしお前が戻って来ても 私はもう この世にいないかもしれない...」(歌詞の日本語訳)

老いていく父母の悲しい気持ちが込められています。美しい旋律が余計に悲しみを誘います。

ぞうさん(日本の童謡)

1 2





このまとめへのコメント6

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • y_hさん|2013.06.04

    ことわざ、民謡、歴史なども、そうだけど、「創作者」にこだわる必要はないと思う。
    「多くの人々が、そう解釈している」という事実が重要だと思う。
    だから、すべての人が、よりよく改変して、民謡は優れた歌になっていったのだろうと思う。
    「誰が初めか」ということに、こだわるようになったのは、知的所有権の弊害だろう。

    歴史も、雪崩的現象を起こし始めた最初の一粒の砂(人物)には大した意味はないといわれる。
    むしろ、雪崩的現象を起こすまでに蓄えられた民衆の不満などが重要だといわれる。
    地政学などでは、民衆の想いの蓄積を重視したりする。
    ことわざの解釈の変化や民謡の変化なども、そういった民衆の想いの蓄積の表れとして考えるべきだろう。

1