一番の歌詞は2人の子供(片方は空襲などにより死んでいる)が栗の木(焼け落ちた家屋)の傍で、死んでしまった片割れの子供の手を取っている様が遊んでいるように見えたことからこの歌詞になった

出典大きな栗の木の下で | 緋羅 の日記

またこの曲は第二次世界大戦後GHQの管理下にあった日本でアメリカ軍人が歌っていたことがきっかけで、日本でも知られる様になったとか。戦争と縁のある曲なんですね。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

意味を知るとゾッとする...悲しい秘密が隠された世界の民謡たち

みんな知っているあの民謡・童謡に隠された秘密をまとめました。

このまとめを見る