1. まとめトップ

【W杯出場決定】サッカー日本代表関連株式銘柄まとめ

サッカー日本代表がワールドカップ出場を決めました。そこで株価上昇が期待できる関連銘柄をまとめてみました。※内容を保障するものではありません。投資はご自身の責任と判断でお願いします。(サッカー、W杯、ワールドカップ、ブラジル、2014年、日本vsオーストラリア)

更新日: 2013年06月08日

2 お気に入り 13763 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

zeniojisanさん

ユニフォームが売れる

ゼビオ(8281)

スポーツ量販店。レプリカユニフォームの売上げが増えることが考えられる。

ミズノ(8022) アシックス(7936) デサント(8114) ゴールドウイン(8111) ヨネックス(7906)

スポーツ用品メーカー。直接的な売上げ増が予想される。これらのメーカーはJリーグのユニフォームサブプライヤーでもある。

試合観戦で盛り上がる

テレビ朝日(9409)

W杯アジア最終予選「日本−オーストラリア」戦を中継。

スカパーJSAT(9412)

JリーグのJ1、J2全試合を放映。セリエA、プレミア、リーガ、ブンデスも多数放送。大株主にはフジ・メディア・ホールディングス(4676)とソニー(6758)が名を連ねる。

ハブ(3030)

英国風パブ「HUB」やウィスキーバー「B2」を展開。サッカーファンもゲームのある日は愛用している。

ローソン(2651) セブン&アイHD(3382) ファミリーマート(8028) イオン(8267) ユニー(8270)

コンビニやスーパーは「家飲み」用のお酒やおつまみ類、スナック菓子を充実させてサッカー需要を取り込もうと工夫している。

サッカー関連企業

キリンHD(2503)

日本サッカー協会のオフィシャルスポンサー。

ファミリーマート(8028)クレディセゾン(8253)

日本サッカー協会のサポーティングカンパニー。ほかにも日本航空、ソニーマーケティング、三井住友海上火災保険などがある。

サッカーと関係が深い

カルビー(2229) キヤノン(7751) コナミ(9766) 日本マクドナルド(2702) ぴあ(4337)

Jリーグのトップパートナー。Jリーグのオフィシャルチケット販売はぴあが行っている。

【関連まとめ】

1