1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

スマートのスマート・フォーツー(2014年版)が59点を獲得し、「もっとも環境に優しい車」として第1位に輝いたことを伝え、さらに第2位が57点でトヨタのプリウスC(日本名:アクア)、第3位が55点で日産のリーフであることを紹介した。

 続けて4位がトヨタのプリウス、5位がホンダのシビックハイブリッド、6位がレクサスCT200h、7位がトヨタのプリウスPHV、8位が三菱自動車のミラージュ、9位がホンダの天然ガス自動車・シビックGX、10位がホンダのインサイトであることを紹介。1位を除いてランキングの2位から10位まですべて日本車が占めた。

「韓国車は国産車よりはいいけど、安全性は日本車に負けると聞いた」と書き込んで、意見を募っている。

これに対し、以下のようなコメントが寄せられた。圧倒的多数が日本車に軍配を上げている。

「現代の車を買おうと思ったら、みんなに日系を薦められるよ。韓国車は日系に比べて故障がやたらに多いって」

「韓国車は確かに数年もすると故障がたくさん出るらしいね」

「韓国車はうわべは日本の技術を真似してるけど、フレームが弱すぎる」

「韓国車って外見以外にいいところがないよね」

「外見のデザインに関しては韓国人は世界でも上位だよね。携帯とか家電とか。でも品質は日本ほど良くない」

「軽自動車・ベスト10」



1:スズキ・アルト/マツダ・キャロル(OEM車)
35.0km/L CVT 658cc

3:ダイハツ・ミライース/スバル・プレオ プラス(OEM車)/トヨタ・ピクシス エポック(OEM車)
33.4km/L CVT 658cc

6:スズキMRワゴン /ニッサン・モコ(OEM車)
33.0km/L CVT 658cc

6:スズキ・ワゴンR/マツダ・フレア(OEM車) 30.0km/L CVT 658cc

10:スズキ・ハスラー
29.2km/L CVT 658cc

10:ホンダN-WGN N-WGNカスタム
29.2km/L CVT 659cc

10:三菱eKワゴン
29.2km/L CVT 659c

アクア」が首位だった。11年12月の発売後、通年の販売ランキングで初めてトップとなった。3~5位には人気の高い軽自動車が
入り、上位10車種のうち6車種を軽が占めた。

 アクアの13年の販売台数は26万2367台と前年比1.6%減だった。2位はトヨタのHV「プリウス」で販売台数は20.1%減の25万3711台。
プリウスは前年は首位だった。12年9月まで続いたエコカー補助金の打ち切りによる反動減の影響で両車種とも台数は減った。
ただ、燃費効率の高さなどに消費者の人気が集まった。

 3位はホンダ(7267)の軽「N BOX」で販売台数は11.3%増の23万4994台。4位はダイハツ工業(7262)の「ムーヴ」で40.6%増の
20万5333台、5位はスズキ(7269)の「ワゴンR」で4.9%減の18万6090台だった。軽の人気は続いており、昨年同様、上位10車種のうち
軽が6車種を占めた。

トヨタ自が中国でHV向けニッケル水素電池生産素材と設計で見劣りがす広告規制ナゼhttp://matome.naver.jp/odai/2132609016029276301

1