1. まとめトップ
  2. 雑学

【世界最古のピラミッド】ボスニアで1万2千年前のピラミッド発見か?

世界最古のピラミッドといえば紀元前2700年に建てられたエジプトのジョセル王のピラミッドですが、ヨーロッパのとある国でヨーロッパ初のピラミッドが発見されました。そのピラミッドはエジプトのものより古い時代に建てられ、尚且つ大きさもはるかにしのぎ、頂上からはエネルギーの線が出ていてるらいしです。

更新日: 2013年06月06日

277 お気に入り 186112 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuk999jpさん

世界最古のピラミッドといえば...

世界最古のピラミッドといえば、紀元前2700年に建てられたとされる古代エジプト第3王朝時代の「ジェセル王のピラミッド」だ。

古代エジプト時代、第3王朝のジェセル王によってサッカラに建設されたピラミッドである。
サッカラのピラミッドともいう。典型的な階段ピラミッドであり、単に階段ピラミッドともいう。
史上初のピラミッドとも言われ、その建設方式や宗教的理念は後代のエジプト社会に大きな影響を与えた。

しかし、ここ数年でこの説を覆す発見が...

Photo in the News: Pyramid Discovered in Bosnia?

2006年4月20日にNational Geographic Newsが、「ボスニアでピラミッド発見?」という記事を発表。

その大きさは、メキシコのテオティワカン、エジプトのギザのピラミッドをはるかにしのぐものです。

ピラミッドは5基が確認され、Sun、Moon、Dragon、Mother Earth 、Loveのピラミッドと名付けられた。

ボスニア人アマチュア考古学者オスマナギッチ氏がこの山を12000年前のピラミッドとする説を発表、発掘作業を開始しました。

同国中央に位置する、人口1万7000人の小さな町「ヴィスコ」に存在する。

ピラミッドは土と樹木に覆われているので、ボスニアの地元では自然の山であると思われていた。

発見者は2005年にはじめてそこを訪れ、三角形の表面、ハッキリとした稜線、正確に東西南北を向いていることから、ビラミツトであることを確信したという。

ピラミッドは総計10マイル以上の複雑な地下トンネルで結ばれており、地下の迷路とこれまで発見されたものの中で最大とも言える古墳も発見された。

出典ameblo.jp

有機物が石のブロックの表層で見つかり、ポーランドのSilesian大学研究所に送られた。

2010年夏にボスニアの Sonda 20月のピラミッドの発掘で有機物が見つかった。炭素年代法ではこの有機物は10350年を示した。

つまり、ピラミッドのテラスは約1万年前に作られたということだ。

炭素近代法って何?

試料に残っている炭素14の量から試料の年代が測定でき、精密な測定のために補正がなされる。放射性炭素による年代測定法は、独立した別の年代測定法によりチェックがなされており、信頼できる。

ピラミッドが作られた一万年前って、どんな時代?

ピラミッドを作成する技術があるとは...

0.9万年前以降の新石器時代になると、西アジアから伝わってきた穀物の農耕とヒツジ、ヤギ、ウシなどの牧畜がヨーロッパで始まる。

今からおよそ1万年前、氷河期が終わり、気候が穏やかになったヨーロッパ大陸は、一面森で覆い尽くされ、生命に満ち溢れていた。そのころ人類は、森で狩りをして食料を得ていた。

発見者の学者は...

Homo sapiens sapiens is not a result of the evolution and biologists will never find a “missing link”, because the intelligent man is product of genetic engineering.

「人間は進化論のように進化したのではなく、遺伝子操作で作られたことを証明するものだ」

出典eiga.com

地球上の古代遺跡で人類の起源にかかわる重大な手がかりを発見した科学者チームが、その謎を解明するため宇宙船プロメテウス号に乗り、未知の惑星を訪れる。

しかも、このピラミッドからはビームが出ているらしい!!

ボスニアのピラミッドから何やら「エネルギー・ビーム」のようなものが放出されたというのである。

さらには、まるでそれに呼応するかのように、メキシコのチェチェンイッツァのピラミッドからもエネルギー・ビームが放出されたという。

2009年と2010年に、ボスニアの太陽のピラミッドからは、鉛筆ほどの細さの光のエネルギーが宇宙に向けて発射されました。

(ピラミッドがエネルギーを発生させる方法)

ピラミッドは、地球のエネルギーの天然貯蔵庫であり、地球の磁場を利用した高度のコンデンサですが、無防備な太陽系を飲み込んでいる宇宙雲にピュアなエネルギーを放出しているのです。

去年から、このような高調波が世界中で聞こえており、記録されています。この不思議な音について世界中の人々が原因を知りたがっています。このような音はだれかの悪戯ではないかと言う人もいますが、大気と地下の高調波と考える人もいます。

2011年 ピラミッドの天頂部からエネルギービームが放出される現象が確認された。
ビームの直径は4.5m で周波数は28kHz、エネルギーの種別や出力レベルは記載なし。
このエネルギービームはピラミッドから遠ざかるに連れて連続的に増大しており既知の物­理学や技術と相反する、と云われる。

この現象が発露したのは2005年にボスニア・サラエボ付近で発見された『太陽のピラ­ミッド』で現在、史上最古(12,000年前)にして最大(全高約220m)のピラミ­ッドである。

本当に世界最古のピラミッドなの?

・ボスニアのピラミッドと呼ばれる地形は、自然によって形作られた Flatirons と呼ばれる地質学的な造形である。

  ・地質学者、考古学者などの専門家たちは、この地形は自然のもので、人間によって形作られたという形跡は一切、ないと結論づけている。

  ・さらに科学者たちはボスニアの当局がピラミッド説を支持していることについて、「疑うことを知らぬ大衆に、悪質な捏造を押し付けている」と批判している。

Wikipedia の "Bosnian pyramids" の記事には...

1