1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【衝撃】ストームチェイサーが竜巻で死亡していた【アメリカ】

「竜巻追跡人集団」ストームチェイサーの3人が竜巻に巻き込まれ死亡した。テレビでもたびたび取り上げられ、先日の巨大竜巻でも住民の避難に大きな役割を果たした「竜巻のプロ集団」だが、先日オクラホマ州で発生した巨大竜巻により死亡していたことがわかった。

更新日: 2013年06月27日

103 お気に入り 156277 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

6月20日更新部分→ティム・サマラス氏の兄弟ジム・サマラス氏のメッセージが掲載されたfacebookページをリンク。
TheWeatherSpace.com のコメントをリンク。(共に英語ページ)
また、日本で活動されているストームチェイサーの方をご紹介。

◆テレビでもたびたび取り上げられていた【竜巻追跡のプロ集団】の【ストームチェイサー】

◆ストームチェイサーとは巨大な竜巻の発生を常に監視して、追跡するプロ集団

ティム・サマラスさん(55)とカール・ヤングさん(45)はいずれもドキュメンタリー番組「ディスカバリーチャンネル」の「ストームチェイサー」シリーズにも登場した竜巻の専門家

チェイサーの多くは訓練を積んだ気象学者で竜巻の映像をテレビカメラに収め、科学的な測定を行うことを仕事としている。

主に米国において、竜巻を追跡して映像に記録する専門家。気象データから竜巻の発生ポイントを割り出し、車で移動しながら撮影を行う。

竜巻のデータ収集のため、気象学者自らストームチェイサーとして撮影に赴くケースも多い。

◆先日の米オクラホマ州の竜巻で死亡していたことが判明。

遺族によると、死亡したのは竜巻調査会社「Twistex」創業者のティム・サマラスさん(55)のほか、息子のポールさん(24)と同社の気象学者カール・ヤングさん(45)の3人。

スター級のストームチェイサーであったティム・サマラス氏(55歳)とその息子であるポールさん(24歳)、そしてカール・ヤング氏(45歳)が、竜巻を追跡している最中に亡くなったと伝えられている。

「ストームチェイサー」が集めた映像は、住民への避難の呼びかけや竜巻の発生を予測する研究にも使われています

■ディスカバリーチャンネルでも特集されていた。

「ディスカバリー・チャンネル」は6月2日(米国時間)、亡くなったチームを追悼する特別番組を放映する。同チャンネルは2011年11月まで、5シーズンにわたって「ストーム・チェイサーズ」という番組を放映していた。

日本でも放送されており、小学生の息子と興味深く視聴していました。。。

今回亡くなった方々とは別のストームチェイサーが竜巻の内側から撮影した動画とのこと。

■ティム・サマラス氏の兄弟からのメッセージがfacebookに掲載された。

■TheWeatherSpace.com のコメント

The tornado was going east and then it made a sharp north turn.During occluding tornado situations this is always a danger.The teams were not aware nor prepared for this sudden sharp northeast turn and they couldn't escape it.

1 2