1. まとめトップ

【最強】2012-2013シーズンのバイエルンが強すぎる

史上最強の呼び声高いバルセロナを7-0で粉砕し、国内国外含めてドイツ史上初の3冠を達成。バイエルンの歴史の中でもっとも完成度の高く、もっとも強いチームをまとめました。

更新日: 2013年06月08日

8 お気に入り 108193 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shinra1021さん

国内リーグ、欧州CL、ドイツ杯と制して今シーズン3冠達成!

史上最多の勝ち点91で国内リーグ優勝を果たすなど、数々の記録を樹立。合計54試合を行い、3敗しかしなかった。

2012-13シーズンでバイエルンが樹立した記録

■最多勝ち点:91点(11-12ドルトムント:81点)
■2位との最多勝ち点差:25点差(02-03バイエルン:16点差)
■最速優勝:第28節(72-73、02-03バイエルン:30節)
■最多勝利数:29勝(11-12ドルトムント、72-73バイエルン:25勝)
■1シーズンでの連勝記録:14連勝(86-87ボルシアMG、08-09ボルフスブルク:10連勝)
■最少敗戦数:1敗(86-87バイエルンとタイ記録)
■最少失点数:18失点(07-08バイエルン:21失点)
■最多無失点試合数:21試合(87-88ブレーメン、01-02バイエルン:19試合)
■全試合で得点:(63-64ケルンとタイ記録)
■最多得失点差:+80(86-87バイエルン:+64)
■最多アウェー勝利数:15勝(11-12ドルトムント、03-04ブレーメン:11勝)
■アウェーでの最多勝ち点:47点(11-12ドルトムント、03-04ブレーメン:37点)
■アウェー連勝記録:9連勝(10-11ドルトムント:8連勝)
■アウェーでの最少失点数:7失点(87-88ブレーメン:10失点)
■開幕連勝記録:8連勝(95-96バイエルン、01-02カイザースラウテルン、10-11マインツ:7勝)

今シーズンのハイライトは、”最強”バルセロナを粉砕したCLベスト4.

チャンピオンズリーグのベスト4、バルセロナ対バイエルン・ミュンヘンの2ndレグは、3-0でバイエルンが制した。合計スコアも7-0とし、驚くべき大差でバイエルンが決勝進出を決めた。

■これは1960年にフランクフルトがレンジャースを通算12-4で破って以来の、準決勝史上最大の虐殺スコア。 (リヴァプールサポ)

英国コンサルタント企業の調査によると、バイエルンが世界最高のブランド力を持つクラブに

バイエルン・ミュンヘンが、マンチェスター・ユナイテッドを抜き、サッカー界で世界最高のブランド力を持つクラブとなった。

バイエルンの現在の価値は約870億円で、昨年首位だった同約847億円のマンチェスター・ユナイテッドを上回った。

記録づくめの強さにより人気はうなぎのぼり

2012年の1年間で販売された同クラブのレプリカユニホームの数が60万着だったのに対し、2013年の販売数は100万着が見込まれている。

強さの秘密① バイエルンを率いる老将ハインケスの”変貌”

昨季とは競争の厳しさが違う。パフォーマンスがいい選手を使う。誰ひとり特別扱いしない。ベストの選手で、ベストのチームを作るのが自分の仕事だ

今季のバイエルンのCL決勝進出決定後、キッカー誌のインタビューで、キャプテンのラームはこう語った。

「ハインケス監督は、昨季とは別人のようになった」

強さの秘密② 大金をかけた戦力補強と、それらの選手が機能した結果。

今季獲得したのは、CBのダンテ、ボランチのハビ・マルティネス、攻撃的MFのシャキリ、FWのマンジュキッチ、ピサロ、など。主力級の選手を補強することで、ポジション争いを活性化させ、控えメンバーを底上げすることで戦力をまた一段引き上げたのだ

CL決勝では出場機会なし。非常にレベルの高い競争環境である。

2012年の大型補強① ダンテ

屈強なセンターバック。今シーズン国内最少失点の記録樹立に大きく貢献した。

昨季はバイエルンに次ぐ24失点で堅守を誇ったボルシアMGのDFリーダーの加入はチームの守備を一段上のレベルに上げてくれるだろう。

2012年大型補強② 若きアタッカー シャキリ

バーゼルから加入したシャキリは創造力にあふれたアタッカーだ。

1 2