その後、人相学が最先端の脳科学や統計学と組み合わせることで、学問として確立していきました。エドワード・ジョーンズはパーソノロジスト(人相科学者)のチームを結成して、1951~1955年にかけて、1050人の大人を対象にして追跡調査し、ほぼ100%正しい法則を68項目見つけたのです。

その調査は、その後も続けられており、今日までに20000人以上に追跡調査を行い、85%以上の精度で正しいと分かっているものも150項目以上発見されています。これが、パーソノロジー(人相科学)です。

出典パーソノロジー

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る