1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

音楽都市グラスゴーが輩出した個性派バンドたち

Belle And Sebastian、Teenage Fanclub、Franz Ferdinand、etc...世界的に活躍するバンドからちょっとマニアックなミュージシャンまで、UKの音楽都市グラスゴー出身のバンドをまとめて紹介!

更新日: 2013年06月04日

83 お気に入り 81605 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mmmatchさん

Belle And Sebastian、Teenage Fanclub、Franz Ferdinand、Travis、Mogwai
フジロックやサマソニに出演経験もあり、日本でもファンも多い彼等の共通点、それはグラスゴー(Glasgow)出身であるということ。グラスゴーという街には、良い音楽を生み出す何かがあるようです。

Glasgowってどこ?

このスコットランド最大の都市は、立派な 19 世紀の建築物や映画館がひしめくフレンドリーで賑やかな街です。最も話題となるのは、アメリカの音楽と一線を画したユニークな音楽性でしょう。

Guide To Glasgow Music

実際にグラスゴーに住んだことのある著者による、グラスゴーミュージックのガイド本。グラスゴー出身のアーティストのインタビュー、レーベル紹介、グラスゴーの音楽の歴史、おすすめスポット、等々、盛りだくさんで充実の内容の一冊。

今回はこの本をベースに、グラスゴー出身のミュージシャンをまとめてみます!

Franz Ferdinand

グラスゴーには限られた町でしか許されないような自由があって、変わったことをしたり、今までにないようなことをすることができるんだ。

出典ガイド・トゥ・グラスゴー・ミュージック~ヴォイス・オブ・スコティッシュ・インディ・ミュージック p16

ー アレックス・カプラノス(フランツ・フェルディナンド)

Belle And Sebastian

前の世代から次の世代へとその知識が受け継がれていくような形がグラスゴーのミュージシャンの間にはあるんだ。

出典ガイド・トゥ・グラスゴー・ミュージック~ヴォイス・オブ・スコティッシュ・インディ・ミュージック p21

ー クリス・ゲッズ(べル・アンド・セバスチャン)

Teenage Fanclub

「ロンドンにいかなくたって、グラスゴーでできるぞ!」って感じで、自分たちでなんでもできる環境ってのいうのはすばらしいよ。

出典ガイド・トゥ・グラスゴー・ミュージック~ヴォイス・オブ・スコティッシュ・インディ・ミュージック p25

ー ノーマン・ブレイク(ティーンエイジ・ファンクラブ)

Mogwai

俺たちスコティッシュがメインストリームの枠の外でもちゃんと存在していけるように自分たちでやっているのは、ハッキリ言って伝統なんだ。

出典ガイド・トゥ・グラスゴー・ミュージック~ヴォイス・オブ・スコティッシュ・インディ・ミュージック p32

ー スチュワート・ブレイスウェイト(モグワイ)

The Fratellis

俺らはいわゆるグラスゴー・シーンとは関わったことがないんだ。俺らはただのロックンロール・バンドだからさ。

出典ガイド・トゥ・グラスゴー・ミュージック~ヴォイス・オブ・スコティッシュ・インディ・ミュージック p36

ー ジョン・フラテリ(フラテリス)

Travis

スコットランド人は、とにかくバカ正直なんだ。そしてそのバカ正直さで音楽に向かうから、独特の音楽が生まれてくるんだと思う

出典ガイド・トゥ・グラスゴー・ミュージック~ヴォイス・オブ・スコティッシュ・インディ・ミュージック p40

ー フラン・ヒーリィ(トラヴィス)

1 2 3 4