段返り人形は木製の胴体に手足が付いているだけの簡単な構造である。手足が連動して動くように糸でつないである他は,ゼンマイやバネなどの動力はなく,歯車もない。
 胸と腰の内部には,それぞれニカワで塗り固めた桐製の中空タンクがあり,小さな穴でつながっている。
 タンク内に封入された水銀が,穴を通って少しずつ胸から腰へ,腰から胸へと流れ落ち,それに合わせ重心が移動して人形のバランスを変えていく。

出典からくり人形

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

日本人の独創性と器用さ爆発!!!「江戸からくり」がスゴすぎる・・・。

日本人が器用ということはよく言われてますが、それと同時に独創性がない。なんてこともよく言われますよね。しかし江戸からくりを見たら、そんな考えは吹き飛ぶはずです。今も日本のロボット技術は素晴らしいですよね。こんな昔から受け継がれてるのだと思うと胸が熱くなります。

このまとめを見る