、ここで質問です。皆さんは、「美白」ってどんなお肌になることをイメージしていますか?

「美白」ってどんな肌になること?と、改めて考えてみると、「このシミを消したい…」「肌の色ムラを均一にしたい」「ぼんやりとくすんでいる肌をクリアにしたい」とか、具体的に出てきますよね?文字では「美白」といっていても、「白」であることが大事というわけではない。目指しているのは、悩みのない肌ということかもしれません。

「白」という言葉に表現されるものは、みずみずしさやハリ、つるんとしたなめらかさなどのイメージがあります。美しい肌を、よく“陶器のような肌”と例えられるのも、こんなイメージから来るものでしょう。「美白」は、単純に白い色を目指すものではなく、「白」という言葉で肌の美しさを比喩しているのだと思います。

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

肌力を底上げするシミケア・美白ケア

今では必須ケアとして定着している美白。「色の白いは七難隠す」という言葉もあるように、白い肌は女性にとって美しさの条件のようなものです。シミのない美白中心のお手入れにも力をいれたくなります。気になってくる「美白」ケアのポイントについてお話します。

このまとめを見る