出典 nearfuture8.blog45.fc2.com

(あらすじ)

2006年5月。28歳の藤沼悟は売れない漫画家。デビューはしたもののその後は鳴かず飛ばず、どうにかピザ屋のバイトで食いつないでいるという状況。不思議な能力の持ち主で、身近に事件を感じると、その事件の直前に戻り、同じ光景を何度も見てしまう。
悟自身「再上映(リバイバル)」と名づけたその現象は、事件の原因を取り除くまで繰り返される。

この情報が含まれているまとめはこちら

まったく推薦していない帯が話題。「僕だけがいない街」の伏線がスゴイ

荒木飛呂彦氏からの推薦文がまったく推薦していないことで話題となっている「僕だけがいない街」は、実に練りに練られた本格サスペンス漫画です。

このまとめを見る