1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kantamoさん

標識の種類

道路標識は、案内標識、警戒標識、規制標識、指示標識及び補助標識に分類されます。
尚、道路上にはこれらの他、道路や交通の状況に応じて、案内、注意喚起、指導用の看板類が設置されていますが、これらは道路標識には含まれません。

補助標識以外の4種類をまとめて本標識といいます。

警戒標識・規制標識・指示標識はよく狙われるので、要注意です!!

案内標識

案内標識とは、通行の便宜を図るため、地点の名称や方面、距離などを示すもの。

【○×問題】 案内標識は、青色は高速道路に対応、緑色は一般道路に対応している。

答え:【×】青色が一般道路 緑色が高速道路です。

緑色は高速道路を含めた自動車専用道路用です。

警戒標識

警戒標識の背景は必ず黄色です。

警戒標識は、道路上および沿道に存在する運転上の危険または注意すべき状態を予告し、必要な減速や注意深い運転を促す標識で、道路管理者によって設置される。

答え:【×】この標識は付近に学校幼稚園保育所等があることを示します。

答え:【×】この標識はこの先に合流交通があることを示します。

規制標識

規制標識とは特定の交通方法を禁止したり、特定の方法に従って通行するよう指定したりするものです。

答え:【×】これは「一方通行」という規制標識です。交差点では右左折も出来ます。
この標識もプレートの色をしっかりと覚えてください。

答え:【×】これは「通行止め」という規制標識です。
この標識のある場所は、車両の他に路面電車、歩行者も通行を禁止されます。

1 2