1. まとめトップ

有言実行!本田圭佑が小学生時代に書いた「将来の夢」がすごい!

サッカー日本代表、本田圭佑選手が小学生時代に書いた将来の夢が具体的すぎてすごいです。ついにACミランへの移籍が現実に!背番号はもちろん10番!!!有言実行とは正にこの事。

更新日: 2013年12月12日

xxx1127xxxさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
10 お気に入り 60778 view
お気に入り追加

将来の夢 本田圭佑

ぼくは大人になったら 世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。

世界一になるには 世界一練習しないとダメだ。だから 今ぼくはガンバっている。今はヘタだけれどガンバって 必ず世界一になる。

そして 世界一になったら 大金持ちになって親孝行する。

Wカップで有名になって ぼくは外国から呼ばれて ヨーロッパのセリエAに入団します。そして レギュラーになって 10番で活躍します。一年間の給料は40億円はほしいです。プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り 世界中の人がこの僕が作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。

一方 世界中のみんなが注目し 世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。セリエAで活躍しているぼくは 日本に帰り ミーティングをし 10番をもらってチームの看板です。ブラジルと決勝戦をし 2対1でブラジルを破りたいです。この得点も兄と力を合わせ 世界の競ごうをうまくかわし いいパスをだし合って得点を入れることがぼくの夢です。

本田圭佑選手の経歴

ガンバ大阪ジュニアユースに所属し家長昭博、安田理大、東口順昭らと共にプレーしたが、ユースチームへの昇格の内定が出なかったため、石川県の星稜高校へ進学

1年時に高円宮杯全日本ユース選手権で準優勝し、3年時には第83回全国高等学校サッカー選手権大会に出場して、石川県勢として初のベスト4に貢献した。高校では、豊田陽平や橋本晃司と共にプレーした。2004年には特別指定選手として名古屋グランパスの練習に参加し、ナビスコカップなどの公式戦にも起用されるなど、数試合出場を果たした。

2005年シーズンから名古屋とプロ契約を結んだ。名古屋加入時の契約では、本人の希望により「オファーがあれば海外クラブへの移籍を認める」という条項が盛り込まれていた。

2005年のFIFAワールドユース選手権・オランダ大会にU-20日本代表として招集され、初戦のオランダ戦に守備的な中盤として先発したが、試合は前半にオランダが圧倒、後半は日本もペースをつかむ時間帯を得たが本田は途中交代となった(後半19分、水野晃樹。結果は1-2で敗戦)。この後チームは16強に進出するものの、守備的な中盤、梶山陽平の復調もあって出場機会はなかった。2006年にはA代表にも飛び級で初招集されたが出場はなかった。2007年北京オリンピックアジア予選では、主力として五輪出場権獲得に貢献した。

2008年1月、エールディビジ(オランダ1部リーグ)のVVVフェンローへ移籍した。

U-23日本代表として出場した北京オリンピックでは、中盤の主力として1次リーグ全3試合に出場して谷口博之や梶山陽平らと共に攻撃を牽引したが、3連敗で1次リーグ敗退した。

2009-10シーズンもVVVで開幕を迎えることとなった。冬の移籍市場において、移籍金900万ユーロ(約12億円)、4年契約でロシア・プレミアリーグの強豪CSKAモスクワへの移籍が決まった。

2012-13シーズン、開幕から前半戦18試合で7得点を挙げるなど好調な活躍を見せていたが、2013年2月に左足首の負傷が発覚しチームを離脱。以後、長期に渡り治療を余儀なくされ、3月のW杯アジア最終予選ヨルダン戦も欠場したが、4月21日のスパルタク・モスクワ戦で約4カ月半ぶりに実戦復帰を果たした。同シーズン、CSKAモスクワは6シーズンぶりのリーグ優勝を達成し、自身にとっても初の欧州一部リーグでの優勝となった。

2008年6月に開催されたFIFAワールドカップ・アジア3次予選の対バーレーン戦で、A代表初出場を果たし、2009年5月27日のキリンカップの対チリ戦で、A代表初得点を記録した。

2010年6月に開催されたFIFAワールドカップ・南アフリカ大会では、攻撃の中心として全4試合にフル出場。

2012年5月23日、キリンチャレンジカップ・アゼルバイジャン戦で、背番号をそれまでの「18番」から「4番」に変更した。背番号変更に関し「4番が守備的というイメージを払拭し、初めて4番で点が取れる選手になれれば面白いかな」と明かした。

先日行われたW杯最終予選での活躍

本田選手がプロデュースした香水の発売が決定

ついにACミランへの移籍が実現!!!

ミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOは11日、CSKAモスクワに所属する日本代表MF本田圭佑が来年1月3日に加入することを明らかにした。背番号は10番に決まった。

 ミランの公式サイトでガッリアーニCEOは「いよいよ我々は公式に発表することができる。本田は2014年1月3日からミランの選手になる。契約にサインをした。彼は10番を付ける」とコメント。正式に契約を結んだことを認め、背番号も10番になることを明らかにした。

「1月6日のアタランタ戦からプレーできるかどうかは分からない。EU圏外選手という問題もある。12日のサッスオーロ戦でのデビューになるだろう」

 今月末でCSKAモスクワとの契約が満了する本田は移籍金なしでミランに移籍する。ガッリアーニCEOの言葉を借りれば、来年1月12日に敵地で行われるサッスオーロ戦で“ミランの10番・本田”の姿を見ることができそうだ。

1





xxx1127xxxさん



  • 話題の動画をまとめよう