1. まとめトップ
  2. 雑学

[動画][バスケ]NBAに学ぶ 真似できたらかっこいい技~シュート・フィニッシュ編~

おひさしぶりです。前回前々回と、ドリブル、そしてパスをピックアップしてきましたが、今回はフィニッシュ編です。バスケはなんと言っても点を取ってなんぼのスポーツ、一番磨きたい部分ですね。このまとめはちょくちょく更新していく予定です。

更新日: 2015年01月29日

95 お気に入り 93618 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kiddvedさん

Tony Parker フェイクスピン

フェイクスピンというよりもダブルスピンかな。一回スピンして、行くと見せかけて、もう一度スピンし元のコースに戻る技。一回目のスピンのときにボールをおく体勢と相手の動きを見ることが重要。

Paul George 鋭いドライブ

今やPacers のエースとなったPaul George(2012-13MIP)
今季のPlayoffカンファレンスファイナルス2戦に見せたスーパープレイ。
一見なんともないドライブに見えるかもしれませんが、まっすぐ力強くゴールに向かう。
ドリブルはもちろんのこと特に最後のステップで爆発してゴールに向かって飛ぶスピードとパワーが鋭さを生む。
なかなかできないプレーです。

LeBron James フローター

Georgeの剛の後には柔を。
通常小さい人がやるようなフローター(スラムダンクでいうとこのへなちょこシュート)をレブロンに
やられたら手も足も出ないですね。笑
小さい人は特にこういうシュートを練習したいですね。
僕はコートでは小さかったので、こういうシュートをかなり練習しました。

Tony Parker フローター

せっかくなのでフローターをもう一つ。
トニーパーカーの代名詞とも言える技。ティアドロップと呼ばれています。
小さいプレーヤーのお手本の方がいいかと思ったのでまたパーカーですけどぜひ。
相手の方が到達点が遥かに高くても、タイミングとポイントをずらせばいくらでもシュートは打てますね。
このシュートはかなりいいお手本だと思います。

Cross Over Finishes クロスオーバー

クロスオーバーからのフィニッシュムーブ集
クロスオーバーからのプルアップJ(ジャンプショット)、クロスオーバーからのドライブ、クロスオーバー・レッグスルーなど。
特にNo.10とNo.6のコービーのムーブが参考にしやすいかもしれないですね。
いいクロスオーバーからドライブとJの見本だと思います。

Ray Allen パンプフェイク

Michael Jordan フェーダウェイ

Michael Jordanの後期の代名詞とも言えるシュート、フェーダウェイ。
高く、長く、後方にジャンプしながらのジャンプショット。
ジョーダン並のフェーダウェイを打つのは難しいので、ポイントはどういう形でJに持っていくかっていう部分ですね。その部分の種類もジョーダンは多彩です。
昔の動画なので画質は悪いですが、参考にはなりますね。

Kobe Bryant ジャンプシュート

ジャンプシュートと単に言っても色々あります。その色んなジャンプショットを集めたのがこのビデオ。
コービーほどジャンプショットを必殺技のレベルに昇華しているプレーヤーもいないのではないかと思います。
(ジョーダンは除きますけど)
コービーはジャンプシュートに行く際のプレーの種類が多彩です。
僕は特に1分あたりからの3つくらいが好きですね。
基本的にはピボット、パンプフェイクを混ぜてからジャンプシュートという形が多いですが、
すべてが相手ディフェンスのリアクションを見た上で自然に体が動いてるっていう感じですね。

関連まとめ

よければ以前のドリブル編、パス編も併せてご覧ください。
また、僕の敬愛するジェイソンキッドが引退表明したとあって、引退表明後のインタビューとプレー動画のまとめもあるのでぜひよろしくです。

1