1. まとめトップ

不妊治療を経験した芸能人の体験記まとめ

このまとめでは、不妊治療を経験した芸能人の体験記をまとめています。私たちの知っている芸能人のなかにも、不妊治療を経験した人は少なくありません。人それぞれの不妊治療ですが、不妊治療を続けて良かった点と、大変だった点をピックアップしてみました。

更新日: 2015年01月09日

spittlebugさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
16 お気に入り 783839 view
お気に入り追加

不妊治療とは?

最近よく耳にする「不妊症」。
不妊症とは「定期的な性生活を送り、とくに避妊などをしていないのに2年以上妊娠をしない場合」と産婦人科では定義されています。
ただ、原因は1つではなく、女性だけの問題と思われがちですが、男性に原因があることも。
現在では薬物治療や人工授精など、さまざまな不妊治療法が存在します。
まずは正しい知識を身につけ、不妊について理解し、自分たちにあった治療法を選択することが大切です。

不妊治療を経験した芸能人の体験記

私たちの知っている芸能人のなかでも不妊治療に取り組んでいる人が多数。代表的な芸能人の体験記をまとめてみました。

東尾理子

俳優/タレントの石田純一さんと結婚し、2012年11月にめでたく第一子を出産した東尾理子さん。
東尾さんは2011年6月から不妊治療を開始し、念願の出産に至りました。
不妊治療に取り組む姿や妊娠・出産後の生活がブログに綴られています。

新たな、大きなスタートを切ったような気持ちです

不妊治療を経てやっと授かった第一子との対面を果たし、自身のブログで報告した際のコメント。
赤ちゃんを横にとても幸せそうです。

「体外受精の結果は、妊娠して…ませんでした」

人工授精、体外受精にも失敗したことも自身のブログで報告。
不妊治療をしている時には辛いことも待ち受けています。

太田光代

爆笑問題の妻でもあり、所属事務所社長でもある太田光代さん。
30代に不妊治療を経験し、2010年12月に顕微授精に挑戦していると週刊誌で告白しました。

命の元・・・愛おしいような、なんともいえない不思議な感覚が湧いてきました

不妊体験を持つセルフ・サポートグループNPO法人のHPで紹介された受精卵を初めて目にした時の感想です。

三回目の着床が、またダメだったら、なんだかねっ、生きがいが無くなっちゃうような気がする

顕微授精に挑み、見事受精が成立。この受精卵が着床すると妊娠となるが、過去2度失敗しているため、移植に躊躇している様子。

矢沢心

女優/タレントの矢沢心さん。元K−1格闘家の魔裟斗さんと2007年に結婚。
その後子宝に恵まれず、5年の不妊治療を経て、めでたく第一子を出産しました。
ブログでは妊婦生活や子育てについても綴っています。

なんの仕草も可愛くて
愛くるしくてたまりません..

出産翌日に自身のブログで「ハッピーニュース」と題して綴った時のコメント。
念願の赤ちゃんを目にして「可愛くてたまらない」様子。

わたし
あきらめない妊活で
娘を授かりました

5年の不妊治療を経て出産を経験したが、何度も諦めそうになったそう。

ジャガー横田

結婚後不妊治療に取り組み、45歳という超高齢出産を経験したジャガー横田さん。
実は現在51歳になる彼女は第二子の不妊治療中です。
ブログでは第一子の子育てと不妊治療についても語っています。

神様っているんだなって思いました

自然妊娠の可能性が低いと言われながら、不妊治療に取り組み、治療を一時ストップした際に自然妊娠しました。
これは妊娠会見での一言。

血液検査でホルモン数値を見てもそろそろ諦める勇気を持たなきゃいけないかな…

現在第二子の不妊治療も3年目。なかなか上手くいかない結果に心が折れそうになることも。。。
諦める勇気も必要なのかもしれません。

中西モナ

1 2





spittlebugさん

日常にころがる些細な節約情報やお役立ち情報などを中心にまとめていきます。