近藤 勇は1834年(天保5年)に当時の多摩郡上石原村(現在の調布市野水)で宮川久次郎の三男として生まれ、幼名を勝五郎と言いました。

出典新選組 近藤勇のふるさと−調布市観光協会

のちに、天然理心流三代目近藤周助に剣の素質を見込まれ、近藤家の養子になりました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【一度は行ってみたい】東京近郊、新撰組ゆかりの地と出来事のまとめ

東京近郊の新撰組ゆかりの地と、出来事をまとめました。近藤勇、土方歳三の生誕の地、浪士組結成から新撰組最後の地まで、史実のまとめと現在の住所をまとめています。

このまとめを見る