1. まとめトップ

新しい『男の浴衣』を日本を代表する10人のスタイリストがデザイン

日本のトップに位置する10人の男性スタイリストがデザインした浴衣をフィーチャーするポップアップイベント「ゆかたスタイリストメイド(STYLIST MADE)」が開催されている。新しい男の浴衣で、浴衣業界に新しい風と若者にも興味を...

更新日: 2013年07月31日

326 お気に入り 67424 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

baooomさん

普通の浴衣とは一味違う、新しいデザイン。

▼男の夏の浴衣ファッション

日本の“染め”と“織り”の代表的な技法を取り入れるなど仕様も本格的。

一度に多色を使って染めることができる「注染(ちゅうせん)」、染料を含む糊を印捺して行う日本の伝統的な模様染め「手捺染(てなっせん)」、3種類の太さの違う糸を使った平織りが特徴の「片貝木綿(かたかいもめん)」といった日本の伝統技法の他、東レが開発した吸湿速乾性に優れたポリエステル素材「セオアルファ」といった先端技術を採用するなど、素材や機能にもこだわった。

浴衣はすべて仕立て上がりで、価格は3万9,900円から8万1,900円。各スタイリストがスタイリングした帯や雪駄も販売される。

浴衣をファッションとして提案することで、着物を着ない若い世代の方々にも関心を持ってもらいたい

ユナイテッドアローズは5月中旬より、浴衣の既成商品「九寸八分(きゅうすんはちぶ)」の取り扱いを、原宿本店メンズ館をはじめ心斎橋御堂筋店、福岡店の3店舗で始める。

柄は縞柄、格子柄、歌舞伎柄、遊び柄、復刻など20柄・31種類で、色は紺・茶の2色、価格は21,000円~36.750円(仕立て代別)となる。

▼参加スタイリストと作品

長瀬哲朗

メンズ・レディスを問わず、国内外の雑誌、広告、ショー、TV、映画、演劇、音楽、エキシビジョンなどあらゆる媒体を横断するスタイリストとして活動し、そのディレクション能力は高く評価されている。

馬場圭介

大御所スタイリストの一人として日本のファッション界を支える第一任者。また2007年から2009年までユニクロ企画のコラボTシャツのデザインをニコラ・フォルミケッティや大久保篤志氏などと共に手掛けている。

大久保篤志

アパレルメーカー勤務の後、平凡出版(現マガジンハウス)の『POPEYE』『an・an』でスタイリストとしての活動をスタート。81 年以降はフリーとしてCF、ポスターなどの広告、ミュージシャンや俳優のスタイリングを手がける。2006 年にオリジナル、「ザ スタイリスト ジャパン®」を立ち上げた。

祐真朋樹

現在は雑誌『POPEYE』『MEN'S NON NO』『Casa BRUTUS』『ENGINE』などのファッションページのディレクションの他、アーティストやタレントの広告のスタイリングなどを手掛けている。パリとミラノのコレクション取材歴はかれこれ20年。最近はフォトグラファーとしての仕事も多い。

岡部文彦

本業は、雑誌のお仕事を中心に活動しているスタイリストです。洋服をコーディネイトしたり、たまには文章も書いて編集的作業もしてみたり......。が、最近は、アウトドアメーカーや、企業との企画開発やアドバイジングにも関わっております。

熊谷隆志

渡仏後、1994年よりスタイリストとして活動開始。1998年フォトグラファーとして
広告・雑誌等で活動する傍ら、様々なファッションブランドのブランディングや
クリエイティブディレクターなど幅広い分野で活動中。

二村毅

大学在学中からエディトリアルを中心にスタイリストとして活動を開始。
N.HOOLYWOOD (東京コレクション. ニューヨークコレクション)
LAD MUSICIAN (東京コレクション)
ATTACHMENT 2008SS~09SS(パリコレクション) etc…

1 2