1. まとめトップ

名古屋駅前を再開発!進行中の3大プロジェクトを紹介!

名古屋市は人口約226万人(全国第三位)全16区から構成され総面積は326km²

更新日: 2014年06月08日

56 お気に入り 274088 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

unaimoさん

名駅前では3つの巨大プロジェクトが進行中

生まれるスペースはナゴヤドーム12個分。既存の「JRセントラルタワーズ」と「ミッドランドスクエア」とあわせて、
名駅の風景はさながらニューヨーク・マンハッタンのように生まれ変わる。

1.大名古屋ビルヂング

隣接するホテルロイヤルパークイン名古屋との一体開発が行われる。

概要
 
事業者:三菱地所
階数-地上34階、地下4階
高さ-約180m
用途-オフィス(7階~33階)、店舗(地下1階~地上4階)、地域冷暖房プラント等、駐車場、駐輪場

緑化整備や歩行空間の整備、地下部分の環境改善、交通結節機能の強化など、地域の課題解決を図る取り組みを進め、都市再生の実現を目指すという。

1965年に完成してから50年近く名古屋駅前の顔として親しまれてきた。

屋上には、毎年5月~9月上旬の期間限定で営業されるビアガーデン「マイアミ」があり、夏になると賑わいを見せた。

名古屋駅前の「大名古屋ビルヂング」の跡地に建設する34階建ての新ビルの名前について、現在の名前を継承すると発表した。半世紀にわたり駅前のシンボルとして親しまれてきた名前で、地元民の愛着もあることを考慮したという。

約2千平方メートルの庭園になる予定

また大名古屋ビルヂングでビアガーデンを楽しめるかも?

2.JRゲートタワー

名古屋ターミナルビルの建て替え計画

概要

事業者:JR東海
階数-地上46階、地下6階
高さ-約210m
用途-オフィス(15階および26~44階)、商業施設(2~13階)、ホテル(約350室:15階および18~24階)、駐車場、バスターミナル(1階)

隣接するJRセントラルタワーズと一部直結し、ジェイアール名古屋タカシマヤ、ヨドバシカメラ、三省堂書店などが入居する。

1階
バスターミナル

2~8階
JRセントラルタワーズの「ジェイアール名古屋タカシマヤ」が出店予定。

9~11階
家電量販店「ヨドバシカメラ」が名古屋初出店。

12~13階
レストラン街

3.JPタワー名古屋

「名古屋中央局名古屋駅前分室」跡地の再開発計画

概要
 
事業者:日本郵政
階数-(高層棟)地上40階、地下3階
   (低層棟)地上11階、地下1階
高さ-約195m
用途-オフィス、商業施設、郵便局、バスターミナル

高さ200メートルの超高層ビルで、南側に隣り合うJR東海の新ビルと一体開発する。

バスターミナルは名古屋駅新ビルと一体となっている

高層棟はオフィスや商業施設、郵便局が入居。低層棟は駐車場、バスターミナル、駐輪場となる。2階は歩行者通路に接続し、名古屋駅から郵便局北交差点までをつなぐ。

日本郵便は商業施設などのテナントについては「まだ決まっていない」としている。

既にある名古屋駅前の高層ビル

1