1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

fctcc0122さん

プラダを着た悪魔最大の見どころはやはり・・・

プラダ(イタリア)はもちろん、シャネル(フランス)、ヴェルサーチ(イタリア)、ケイトスペード(USA・NY)と名だたるブランドが
「これでもか!」といいうほど登場する華やかなファッションにため息がもれるほど美しいアンハサウェイ。


ブランド物の洋服を着こなせてこそ“デキる女”の証しとばかりにブランド物を着まくる登場人物たち。

アン・ハサウェイふんするちょっと素朴さが残るヒロインが華麗に七変化していく姿やメリル・ストリープふんするカリスマ編集長の
貫禄ある超格上な気こなしが怖すぎてかっこいい。

60回から80回ぐらい着替えたわ。でも、それより数ある衣装の中から、どれを着るかを選ばないといけないのが大変だった! 60着を決めるためには120着ぐらい試着させられて、気に入ったもの、気に入らなかったものとを分けていったから……。1つの洋服に30分くらいかけて悩んだあげく、結局採用されなかったこともあったの。それには、すごくがっかりしちゃったしショックだったわ。

出典『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ単独インタビュー

パリでの完璧コーデ 頭も盛ってるし
レッドルージュで上級者

さりげなく接触するデザイナーのバッグを持って行く出来る女

ダサ子を卒業してミランダに認めてもらおうと決意する服装がすごくダサく演出されてる
アンハサウェイの美貌がありながら・・・
体重も演出のため増やしたんだとか

アン・ハサウェイの美貌もここまでダサさを作り込むと
大変なことに

ダサかわいい 

髪ぼさぼさ

必死

髪を振り乱してみんな働いていますよ
みんなこんな感じの日あります

アンディーが量販店で買ったようなセルリアンブルーのセーターのその色が誕生した経緯を

ミランダが説明するときのコワさとかっこよさが ツボ

この服装だとアン・ハサウェイでも ひどくみえるんですね

美しく洗練されても元々の彼を大切にしようとする姿も素敵

~ちょっと背伸びしてシャネルのネックレスに
ボーイッシュなコーディネート~

☆ミランダの自宅にランウェイの見本誌を届ける大切な任務を遂行するときは時間外業務のカジュアルさを備えつつもキメのファッション。

 ミュウミュウの真っ白なシャツに襟の開き具合が美しい半袖ニットを重ね着。

 涙が出そうになるほどかわいいと評判のシャネルのネックレスをその上に飾ると、
気合いとカジュアル感が程よくミックスしたスタイルの出来上がる!

 ボーイズライクなシャネルのツイードキャスケットもピリリとしたアクセントになっていて、とっても素敵。

カルバン・クラインのオリーブ色ワンピース。

 ケイトスペードのバッグは、アンディが鬼編集長ミランダのおつかいに走り回るときのファッション。

 ドレープが美しいジャージィ素材は、一見サテンのような光沢感がありつつも、走ったり座ったりしてもシルエットがきれいなままなのがポイント! 

 しかも、幅広のベルトでウエストをキュッとマークし、豊満で女性らしい胸を強調しているのも憎い。

 また、ブロンズとゴールドのコンビネーションがまぶしいケイトスペードの四角いバッグは、日本でも即完売したもの。

 そして、頭に乗せたサングラスには気を抜かずやはりキラリと輝く、シャネルマーク

前髪が堀の深い顔にベストマッチ
ポニーテールもかわいい
アン・ハサウェイは髪の色がダークなのでモノトーンが似合います。

グリーンのコートでおしゃれ上級者
ポイントに首もとと袖にアニマルプリントがキュート

また、もとの自分の目的を思い出し、ジャーナリストを目指すけど以前とは違う精悍さが加わる

ラフでボーイッシュなニューヨーカースタイル
男社会のジャーナリスト業界でたくましく生きて行こうという決意が感じられる

彼氏が通り過ぎるぐらいの変身っぷり

「ファッション誌の編集者らしい装いを心掛けよう!」とアン・ハサウェイ演じるアンディが心を入れ替え、ファッション・ディレクターのナイジェルに見立ててもらったコーディネート。黒のジャケットはシャネルで、極ミニのスカートはイタリアのブランド、クリスティーナ・ティ。シャネルの高額ジャケットは、ランウェイの編集部に所属するアンディならでは。“凶器になるようなハイヒール”のブーツとマッチしていて、どこからどう見てもオシャレっ子! 大胆に開いた胸元はファッション誌関係者としての自信をチラ見せってこと?

ちょっと冒険した帽子も モノトーンのポイントに
ブーツとトーンを合わせて

風邪を引いた同僚をフォーローして出来る女になった時のファッションは
隙のないブラックドレスにレッドリップ
でも胸元がザックリあいてて妖艶

この活躍で同僚からパリ行きを不本意にも略奪
後日パリで
そのあざとさは自分で選択した道だとミランダに指摘され
彼女は自分の人生をどう選択していくのでしょうか?

このコーデやっぱりとても似合う

凶器になりそうなヒールと劇中でも語られている

女性らしさを全面に出す
ホワイトのコートにメタリックなバッグと帽子、手袋でお嬢様風

1