1. まとめトップ

【開店祝い】あなたの地域ではどう?スタンド花の生花は持って帰る?

花泥棒?縁起担ぎ? 開店祝いのスタンド花を持って帰ってもいいですか? 見知らぬ土地に行った時は特に注意してください。(2013年6月8日作成)

更新日: 2013年06月08日

3 お気に入り 74643 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

babycocoさん

写真は、米花剛史さん(元ジャニーズJr.「Musical Academy」)のお店「BooBoo_Liv」のプレオープンに届いた嵐、櫻井翔くんからのスタンド花


Twitter http://twitter.com/BooBoo_Liv

Facebook https://ja-jp.facebook.com/BooBooLiv

開店祝いのスタンド花の生花を持って帰る風習があります。

名古屋は特にこの風習が強く残っている地域として有名です。

名古屋では葬儀の花も持って帰って、故人の死を惜しむらしいです。

開店祝いのスタンド花から生花を持って帰る理由

早くなくなるほど店が繁盛する←→花が残っていると店が繁盛してない証拠

開店して1日経ってもスタンドに花が残っていると、「この店大丈夫?」って思ってしまうので、気に入ったお店が開店したら、多めに持って帰ります。

【メリット】

【店】行列のできる店的な効果もあって絶大な宣伝効果!

【花屋】代金は貰ってるし、お花全部持っててくれるから片付けが超楽

【ルール!?】

造花の花は貰えない(レンタルなので返すため)。

関西で新装開店で造花はあまり見かけませんが、パチンコ屋さんの前にある造花の花輪には誰も手をつけません。あと、LIVE会場でファンや関係者から贈呈された花輪やスタンド花も持って帰りません。

店内に飾る花も貰えない(店に依っては配ってくれる)。

関西だと胡蝶蘭などの鉢植えは店内に飾っていることが多く、貰っている人はあまり見たことがないですね。

出典ameblo.jp

開店時間に合わせて、表に向けるそうです。
開店までになくなってしまうのを防ぐためだそうです。

花を取られたくないお店は、あらかじめ花輪にビニールをかぶせ、これを防ぐ。

名古屋や大阪以外でも行われています。例えば…

店が率先して持って帰ってもらっていることもあるようです。

【基本的にそういう習慣はない地域】

ミコラさんによると「この貼り紙でもダメで、ついにはセロハンで数本ずつの花束にくるんで、バケツに突っ込んだらようやくみなさん持っていかれました。」とのこと。

よく行く地域にピザ屋さんが新規開店したんだけど、そのピザ屋さんの前に開店記念の花が飾ってあるんだけど、一週間以上経ってもだれも花を持っていく人がいなくて、そのお店の今後の売れ行きが心配になってしまうんだけど、ここは東海地方ではなく #グンマー であることを思い出したのであったw

最後に…

花を取る習慣のある方は、地元以外の街に行ったら気をつけたほうがいいかもしれません

1





このまとめへのコメント2

  • babycocoさん|2013.06.08

    美2さんへ
    情報ありがとうございます。

    客商売としては、「ありがとうございます。この綺麗な花をできるだけ多くの人に見ていただきたいので、2~3日経ってからでもいいですか?」とか、「お店の記念として置いておきたいので…」とか言い方をした方がマイナスの印象にはなりにくいですよね。
    特に関西は、こういう対応一つで今後の売り上げにも響きますから…w

  • 美2さん|2013.06.08

    近所(奈良市内)に出来たケーキ屋さん、開店当日、女性の客が「お花頂いてもいいですか?」と尋ねたら、店員が「ダメです!(キッパリ)」 結構多くの店でもらえるのにとその女性は思ったでしょうけど、店員の断り方がケーキ屋と思えないほどの声だったのが印象的だった。

1