ただ、輸入が停止されたのは、麺やクラッカーに用いられる「ソフト・ホワイト小麦」という品種に限られる。米国ではあまり栽培されていない品種で、「日本はほかの品種の小麦は購入し続けている」という米小麦産業の楽観的なコメントを、フィナンシャル・タイムズ紙は掲載した

出典未承認のアメリカ遺伝子組み換え小麦が発覚 揺れる各国  | 国際その他 - NewSphere

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

米国で未承認の「遺伝子組み換え」小麦が発覚!広がる動揺

「遺伝子組み換え小麦が流通した証拠はなく、健康リスクをもたらすことはない」とのことですが、最大小麦輸出国の発表による、世界の小麦市場への影響が懸念されます。

このまとめを見る