1998年から2005年にかけ実験を行ったが、海外の買い手が米国産の遺伝子組み換え作物を避ける恐れがあるとの懸念から認可申請を撤回したもの

出典米国で見つかった未承認の遺伝子組み換え小麦-世界に影響か - Bloomberg

「ラウンドアップ・レディ」のブランド名で販売され普及している除草剤に対する耐性を持つ春小麦の品種開発を手がけていたが中止していた

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

米国で未承認の「遺伝子組み換え」小麦が発覚!広がる動揺

「遺伝子組み換え小麦が流通した証拠はなく、健康リスクをもたらすことはない」とのことですが、最大小麦輸出国の発表による、世界の小麦市場への影響が懸念されます。

このまとめを見る