米国ではトウモロコシと大豆の大半が遺伝子組み換えの形質を持っているが、遺伝子組み換え小麦の商業利用は認められていない

出典オレゴン州の遺伝子組み換え小麦、原因は妨害行為も=モンサント - WSJ.com

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

米国で未承認の「遺伝子組み換え」小麦が発覚!広がる動揺

「遺伝子組み換え小麦が流通した証拠はなく、健康リスクをもたらすことはない」とのことですが、最大小麦輸出国の発表による、世界の小麦市場への影響が懸念されます。

このまとめを見る