1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

稼げる?タクシー運転手はベンチャー志向の若者向けの職業かも知れない

第2の職業としても選択する人の多いタクシー運転手という職業。果たしてどれくらい稼げるのか。調べるうちに、自分のやる気と工夫次第でかなり稼げるらしいことが分かってきた。

更新日: 2015年12月02日

canyonstreamさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
523 お気に入り 785839 view
お気に入り追加

日本の労働人口の約160人に1人がタクシー運転手らしい

法人タクシー:約37万人
個人タクシー:約4万6千人
日本の労働人口:約6500万人
→約160人に1人がタクシー運転手という計算になる。

タクシーの従業員は41万2,962人で、その内、37万1,245人が運転者。(平成22年3月末現在)

一般社団法人ハイヤー・タクシー連合会 資料(個人タクシーは含まれていない)

タクシー運転手ってどんな人?勤務形態は?

タクシー運転手は定年が高いためか、平均年齢も高い。
定年後に第二の職業としてタクシー運転手になる人もいる様子。
働き方は自由度が高いようだが、1日の勤務時間自体は長い。

タクシードライバーの定年は、会社によって異なります。だいたい、65歳から75歳の範囲。

年齢が高い方でも新たに仕事を始めやすいのがタクシー乗務員という仕事。

タクシードライバーは、朝から翌朝まで働いて、次の日は休みです。

年収はどれくらい?

そもそも収入の仕組みは

「低い固定給+歩合制」と言う成果主義が強い給与体系

稼いでいる人は稼いでいる

直木賞作家の志茂田景樹さんの息子さんの下田大気さんがタクシー運転手をしています。彼の年収が800万円だそうです。

タクシー運転手の平均年収は275万円と決して高くありません。しかし、中には年収1,000万円クラスの人もいるんです。

タクシー業界が悲鳴をあげているとかニュースがあるじゃないですか。でもね、私は全然違いますよ。ちゃんと儲かっています。収入だって、普通のサラリーマンと同等、いや、もっと多いと思います

1 2 3





このまとめへのコメント1

  • y_hさん|2013.06.10

    基本的に、長期的には、タクシー運転の給料が上がりそうな気がしない。
    道路を見れば、自家用車だらけ。
    海外なら、彼らがタクシー業務をよくやっている。
    日本で、自家用車がタクシーに早代わりしないのは、
    そこまでしなくとも食ってゆけるのと厳しい規制のおかげ。
    だって、自分の用事のついでに人を乗せるのなら、1キロ100円でも十分でしょう。

1

canyonstreamさん

生活に役立つことを中心にまとめていきます。よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう