1. まとめトップ

原付なのにアメリカン!MAGNA50(マグナ50)カスタム情報や動画あり

原付でもかっこよく乗りたい!カスタムしたい!というかた必見!随時更新中

更新日: 2014年07月07日

33 お気に入り 150543 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

youtubenさん

最近人気のあるマグナ50についての情報を載せていきます!

初代マグナ50が登場しました。ボディーカラーはブラック、パールシャイニングイエロー、マックスシルバーメタリックの3タイプ。
価格:299,000円

マイナーチェンジされました。前・後輪ともにタフアップチューブを採用。タフアップチューブは特殊な二重構造のチューブ内に製造段階でパンク防止液を封入したもので、パンクに強いタイヤとなっている。
ブローバイガス還元装置を新たに採用するとともに、キャブレターのセッティングを変更して新排出ガス規制に対応。
タンクマークが変更されて、ボディーカラーはブーンシルバーメタリックと、艶消しのマットビュレットシルバーとなった。
価格:299,000円

ボディーカラーをブーンシルバーメタリックとブラックに変更。タンクマークを250ccのV-TWINマグナと同デザインに変更。
価格:299,000円

ボディーカラーをクラシカルホワイトとブラックに変更。タンクには2本のセンターストライプが入り、タンクロゴマークも一新された。
価格:299,000円

ボディーカラーをクラシカルホワイトとパールヘロンブルーに変更。
価格:299,000円

MG505(AC13-150) 2005年9月に発売

「二輪車リサイクルマーク」を貼付して発売。諸元やカラーリングの変更は無い。
価格:300,000円

ボディーカラーを光沢のあるグラファイトブラックに変更。タンクのセンターストライプは無くなった。
価格:300,000円

カスタム情報!

クラシックフェンダー、シャープダウンマフラー、アップハンドル、フォワードコントロールキット、純正リアキャリアなど

クラシックフェンダー、社外マフラー、ソロシート、ステップボード、グリップ、など、かなりカスタムされているようでカッコイイですね!

シーシーバーという後ろについている棒のようなものです。アメリカンでは主流のカスタムです。他にもサイドカバーやマフラー、ハンドル周りにも変更点あり。

ハリケーン製のショートフェンダー、リジッドサス、フロントフォーク延長。ローアングルでこれもしぶいですね。

アンダーカウルがカッコイイですね。フォーク延長&トリプルで長くなっています。スイングアームも延長されていますね。

こんなカスタムもあったり・・・いろんなバイクのパーツを流用していて原型をとどめていませんね(笑)

おすすめ入門カスタム

カスタムパーツも豊富で十人十色のカスタムが可能です。ヤフオクなどでさがせば安くてに入るパーツもあります。カスタムに慣れてきたら自作やほかのバイクのパーツを流用してみるのもありですね。

ガソリンに火を点ける役割があります。定期的に交換するものです。始動性がよくなり、交換したては効果を体感できますがすぐ慣れます。

イグニッションコイルを経由してプラグをスパークさせるパーツです。個人的にはキタコのパワーレブの方がおすすめです。CDIはシートの下にあります。交換方法は検索すれば出てくると思います。プラグよりも効果は体感しにくいです。

マグナ50専用のものを選ぶと入門者には取り付けやすいと思います。モンキー対応のマフラーも装着できることがありあますが、ステーの取り付け位置など初心者には難しいところかもしれません。

シートの下にあるボルトを2つはずして交換するだけなので簡単なカスタムの一つです。見た目もガラッと変わるのでおすすめです。

上記でも紹介したシーシーバーカスタムです。標準的なものバーだけで背もたれはついていないと思います。これもボルトオンで簡単なカスタム。

簡単なカスタムに慣れてきたら・・・

アップハンドルなど、純正よりもアップハンドルになっているものは、ワイヤー類などの交換が必要になります。

アクセルワイヤー クラッチワイヤー
ブレーキホース  延長ハーネス
この他にもブレーキホースを交換する際にブレーキオイルが必要になってきます。
グリップはそのまま純正を使用してもいいと思います。
ハンドルとワイヤー類のセット販売もされているようなのでそちらを選ぶのが適作です。

ボリューム感がかなり増します!人気のあるカスタムのひとつ!マグナ用で似たようなものがたくさん売られていますが、黒ゲル、白ゲルと書かれているものは塗装されていませんので注意してください。シルバーであれば、塗装済みのものも売られています。

必要なものとしては、フェンダーだけならテールランプやナンバープレートのステーも必要です。物によっては穴あけ加工や、テールランプの配線も延長する場合があります。

フォワードコントロールkitで更にアメリカンらしくしよう♪

1 2