「こいつらがテレビに出れて何で春ちゃんが出れないんだろうね? だってそうだろう! 6番とか9番とか微妙だろ。歌だって4番より春ちゃんの方がうまいしさ……、まあ、そこそこ可愛いんだけどね」
1985年秋元康が楽曲を手掛けたおニャン子クラブがブレーク、素人全盛時代が来ました。プロ意識を持って、上京してきたママにとっては、受難の時代でした。

出典『あまちゃん』第76話/甲斐・アキ(語り)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

宮藤官九郎のアイドル観・田舎観が垣間見える『あまちゃん』のセリフ

朝の連続テレビ小説『あまちゃん』のセリフには、宮藤官九郎のアイドル観・田舎観を色濃く反映していると思われるものが頻出します。それらを集めてみました。(随時、追加していきます。)

このまとめを見る