1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

この記事は私がまとめました

waichaaaanさん

iPhone

前面と背面は、これまでスマートフォンに採用されたものの中で最も耐久性のあるガラスで作りました。フレームは、医療に使われているものと同じグレードの
ステンレススチール製です。ワイヤレス充電機能を搭載し、耐水性能と防塵性能も持たせました。

製造工程の途中で、iPhone 5のアルミニウム製のボディは、一つずつ2台の強力な29メガピクセルのカメラで撮影されます。その後、機械が画像を検証し、725種類のインレイと照合します。こうして、一つひとつのiPhoneに最も精密に適合するインレイを見つけるのです。

iPhone 5に特徴あるフォルムを与えているこの面取りされたエッジは、結晶性ダイヤモンドでカットされています。

美しいアルミニウム製の筐体。金属とガラスのなめらかな手触り。ホームボタンに組み込まれたサファイア
クリスタル。iSightカメラを守る、もう一つのサファイアクリスタル。ここまで突きつめたデザインと構造は、
ほかに例を見ません。

一分の隙もなくフィットしているのは、外側のシェルにそれぞれのフレームを取り付けたあと、レーザーで溶接している
から。この構造的な統合が、これまであなたが手にしたどのプラスチック製の携帯電話にもない、手に心地よい、
確かな存在感を生みました。

iPad

iPadを極めて薄く、軽いUnibodyに収め、これほどまでのピクセルをどこへでも、そして美しく、持ち歩けるようにしました。

iPad miniをつくるにあたり、私たちはあらゆる細部に至るまで、この上ないほどの緻密さで取り組みました。

Apple史上最も先進的な、アルミニウムのUnibodyもそのひとつ。Unibodyの筐体の製造においてこれまでに学んできたことすべてを反映させ、製造工程から改善することで材料効率と正確性を一段と向上させました。許容誤差はミクロン単位で計測。

そんな凄い物が普通に売ってるとは・・・・

多くの部品を1ミリ以下の単位で削ぎ落とし、その厚みを減らすことで、これまでよりはるかに薄く、軽いiPad Airをつくることができました。

Apple Watch

アルミニウム。 Apple Watchに使われているのは、航空宇宙産業で使用されるレベルの
7000シリーズアルミニウムです。極めて強度が高く、驚くほど軽量のこのアロイは、iPhone XRと同じもの。しかも、iPhoneの製造の過程で生まれた100パーセント再生アルミニウムを初めてApple Watchケースに採用しました。

Mac

iMac Proは、目を奪うほど美しいRetina 5Kディスプレイの裏側にある、エッジがわずか5ミリの洗練されたボディの中にワークステーションのパワーを詰め込んでいます。1本のケーブルでシステム全体を動かすことができるので、あなたのワークスペースが散らかることはありません。その美しく効率に優れたデザインは、あなたが制作に使うツールではなく、あなたが制作しているものにすべての意識を集中できるようにします。

冷却ファン、通気口、スピーカー、ノイズを抑えるマイク、ねじ、そしてマグネットラッチの機械加工まで、Appleのデザイナーとエンジニアがしっかり連携して、一つひとつを丁寧につくり上げました。すべてを注意深く検討し、妥協は一つもありません。

ボディ全体がほかのノートブックより薄く、軽く、とても洗練された仕上がりになっています。しかも頑丈で耐久性があるため、ブリーフケースやバックパックで持ち歩き、出し入れを繰り返したってびくともしません。

たどり着いたのが、摩擦攪拌接合という手法。通常、航空機の翼やロケットのブースターのタンクなど、絶対に失敗が許されないパーツの製作に使われているやり方です。

この設計により、実に約90パーセントもの大幅な省スペースを実現しました。

iPod

つぎに目が行くのが、きわめてなめらかな表面の仕上げ。面取りを施した光沢のあるエッジなど、Appleならではの細部へのこだわりがきっと感じられるはずです。

1 2