この情報が含まれているまとめはこちら

17歳という若さで亡くなった異色の天才 山田かまち【画家・詩人】

山田かまちという17歳の少年が自宅の2階でエレキギターに感電して亡くなった。彼の死後、ベッドの下からおびただしい数のスケッチブックやノート が発見された。そこには、多感な少年の夢と憧れ、不安や惑い、怒り といらだち、そして生きる喜びをたたきつけたような絵や詩句が ちりばめられていた。

このまとめを見る