1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

人間こわいっ!史上最低のカードゲーム「人間ゲーム」 陰口をたたいた犯人を探しましょう。

人狼系ゲームがさらなる進化を遂げました。面と向かって陰口をたたくカードゲーム「人間ゲーム」となって登場です。仲の良い友だち同士で遊べば盛り上がること間違いなしのこのゲーム。どういったゲームなのかを、まとめます。

更新日: 2013年08月21日

880 お気に入り 286134 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

chat01574さん

■ 陰口をたたいた犯人を探す「人間ゲーム」

面と向かって陰口をたたく史上最低のカードゲーム「人間ゲーム」。

親しい友人たちと悪口を言い合ったりコンプレックスを晒したりしながら楽しめる

70種類もの数のコンプレックスカード

カードに書かれているのは、「品がない」「名前がイマイチ」「童貞」「ダサい」「天パ」「貧乳」「深みがない」など、えげつないものばかり

今ブームの人狼ゲームをベースにして、よりパーソナルな情報をもとに人狼を探しだす、友人同士で遊ぶのにピッタリの人狼です。

■ そもそも「人狼系ゲーム」って、なに?

【人間】は、ふつうの人。
【人狼】は、【人間】のふりをしている(口の)悪い人。

プレイヤーの中から人狼を探し出し、プレイヤーの多数決によって討伐するパーティゲームです。

人狼プレイヤーは、いかに市民プレイヤーを騙し、市民同士で殺し合いさせるかが鍵となります。

「推理力・コミュニケーション能力が鍛えられる気が。社内外の人間を集めて、夜を徹して会社で人狼をしています(笑)」(34歳・システム営業)

■ どうやって遊ぶの?

まずは、役割カードを配り【人間】【人狼】を決めます。

各プレイヤーに配られたコンプレックスカードの中から、自分がもっとも当てはまると思うコンプレックスを1枚選んで、裏向きのまま出します

出されたカードをシャッフルした後、全員は目をつぶります。

役割カードで「人狼」を引いたプレイヤーだけが目を開けて、プレイヤー全員に当てはまると思うコンプレックスカードを表向きにして配ります。

目を開けた後に、配られたカードが自分が選んだカードと同じか否かの答え合わせをします。

全員のを当てることが出来たら、その時点で人狼の勝利です。

1 2