1. まとめトップ

【諦めない!】復縁を信じて前向きに生きよう!!【ヨリを戻す】

復縁は辛いもの。「諦めたほうがいい、新しい人を探したほうがいい」なんて言われるけど、そんなこと聞き飽きたし、聞きたくもないですよね?そんな復縁を頑張っているみなさんが辛い時に、前向きに、元気になれるものを集めました!ヨリを戻せることを信じて頑張りましょう!!

更新日: 2013年06月11日

meusonhoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
258 お気に入り 250529 view
お気に入り追加

復縁するのは難しいこと?

元々はお互い好き同士で付き合っていたはずです。
相性は悪くはないはずですし、お互いに興味があったことは確かです。

一度お互いに惹かれあったお二人なので、基本的には恋愛対象になりうる存在ですし、きっかけがあればまた好きになることも、十分ありえます。

彼に好きな人ができてフラれてしまった場合

僕に来た1万2千件以上の恋愛相談の経験から言えば、彼の気持ちは、おおよそ1年程度たつと変わり、あなたを思い出し、連絡がくるでしょう。

沈黙の必要性

半年の沈黙をし、彼にとって「彼女は本当に僕を忘れてしまったのかも」と思わせるのです。

いつまで待てばいい?

期間には男女差があって、女性から男性にアプローチするなら3~6カ月がベストで、逆に男性から女性の場合は1カ月が妥当でしょう。

友達として繋がっているべき?

しかも、男性は、別れた後も、友達としての縁は残しておきたいという気持ちがあります。男性は、一度付き合った相手のことをいつまでも特別扱いしています。

次にしがちなことは「友達としてつながっていよう」と言葉です。彼がそう言ってくることもあるでしょうね。でも友達としてつながってはいけません。彼が提案したら、「そうしよう」と同意するのは構いませんが、彼に自分からの一切の連絡をやめ、「生きているか死んでいるかすら分からない状態」を作りましょう。

「友達になろう」というようなものを受け入れては、彼・彼女に恋人としてのあなたを懐かしく、恋しく思わせることはできなくなるからです

連絡来なかったらどうしよう・・・

私も振られたことが何回かありますが、しばらくすると必ず
相手から、未練がましい連絡がきて、よりを戻したいみたいな
ことを言われます。

相手によりを戻したいといわせる秘訣は、
1、引き際はあっさり。引き止めない
2、別れたらこちらからは2度と連絡しない。
3、常に前向きに楽しく生きる!

の3つです。

不思議なもので、あっさり引かれると、あれれ?って
思うみたいですよ。

他の人と結婚したらどうしよう・・・

このように沈黙をしている間に、彼が誰かと結婚してしまうかもしれません。そのようなリスクを考えても、沈黙が最善です。

「二度と付き合う気は無い」と言われながらも復縁をしたカップルは意外と多いのです。

もしかしたら、あなたが別れをスンナリ納得していれば彼(彼女)はそこまで強い言葉を発しなかったかもしれません。

このように考えると、彼(彼女)が別れ際に言った「二度と付き合うことは無い」という言葉も、その場限りということが良く分かるでしょう。

ですから、この言葉を投げられつつも復縁をする方がちゃんといるのです。

彼(彼女)も、あなたが渋々納得しつつも自分から離れていく時に思うのです。

「言い過ぎたなぁ」
「でも、本当に好きだったんだよ」

などなど。

その証拠に、こんな言葉を言ったにも関わらず、コンタクトには応じてくれる元彼(元彼女)も多いです。

今相手に嫌われてしまっているからと、毎日泣いて暮らすようなことはしないで下さい。

まずは、嫌われた状況をどうやって改善していくのか考えましょう。

ただ、一度は大好きだった相手です。

どんなに喧嘩をしても「二度と会いたくない」と言っても、本当は大嫌いになることは難しいと思います。

振られたけど連絡したくて仕方がない人へ

縁を切るくらいの気持ちで、連絡を断ちなさい。
それは、もちろん勇気のいる行動。でも、連絡してはいけません。
近くにいると、あなたとの楽しい想い出も、あなたならではの魅力も
かすんでしまいます。遠く離れて、しばしの時間が経った時、
相手はそれを実感するでしょう。
どっちつかずの中途半端な行動は、何のプラスにも働かない。
まず、離れるべきです。
離れて気づくのです。人間は、失って始めてその大切さに気づく動物。
自分の手の中にあるうちは“当たり前”になっていて、
気持ちにあぐらをかき、その大切なものへの感覚が麻痺しているのです。
復縁を狙うにしろ、きっぱり自分の道を生きるにしろ、
一度遠い場所に自分自身を置くべきです。
遠回りに見えて、実はそれが近道なのです。

涙が止まらない人へ

「悲しみこらえて微笑むよりも 涙枯れるまで泣くほうがいい。人は悲しみが多いほど 人にはやさしく出来るのだから」

(海援隊・贈る言葉より)

1 2





meusonhoさん