幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))

幼年期の終わり

著者:アーサー・C・クラーク

ある日突然世界各国の首都上空に出現した巨大な円盤状の宇宙船によって人類史が新たな局面を迎える物語。SF史上の傑作として広く愛読され、純文学やサブカルチャーの世界にも影響が及んでいる。

この情報が含まれているまとめはこちら

「新世紀エヴァンゲリオン」の元ネタ作品まとめ

名作アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の難解な内容を読み解くための元ネタ集。

このまとめを見る