山口県下関市で00年、安倍晋三官房長官の自宅車庫や後援会事務所に火炎瓶が投げ込まれた事件で、福岡地裁小倉支部(野島秀夫裁判長)は14日、元指定暴力団工藤会系組員、外間竜介被告(33)=服役中=に対し、非現住建造物等放火未遂などの罪で懲役10年(求刑懲役12年)の実刑判決を言い渡した。一連の事件で起訴された5被告のうち、判決が言い渡されたのは初めて。

 野島裁判長は、99年4月の下関市長選で、安倍氏が推した候補を支援した土地ブローカーの小山佐市被告(68)=同罪で公判中=が、支援の見返りに安倍氏に現金を要求して断られたため、暴力団組員と共謀して報復したと指摘。外間被告が主に見張りや運転手役を務めたと認めた。野島裁判長は「一歩間違えば人命被害が出かねない極めて悪質な犯行。周辺住民にも不安感を与えた」と述べた。
(略)
■ソース(毎日新聞)【太田誠一】
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20060714k0000e040069000c.html

出典【裁判】安倍長官宅放火 元暴力団組員に懲役10年判決 福岡地裁

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

安倍総理の事務所がヤクザに対立候補の中傷を依頼!?安倍氏宅火炎瓶事件まとめ

2000年に安倍晋三総理宅などが被害を受けた火炎瓶事件について。当時のマスメディアの記事を集めたニュースまとめ

このまとめを見る