1. まとめトップ

日本、韓国、中国の歴史に残る三代悪女~時々ヨーロッパ!

『歴史の陰に女あり』今も昔の悪女は存在しています。どうしても悪女にならざるおえなかった人、自分の強欲だけの為に生きた人など様々ですね。ここでは代表的な人物を紹介しています。

更新日: 2014年12月26日

43 お気に入り 1430029 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

qywxzさん

【悪女の定義】悪女とは?

欲求に忠実なため、時に周囲を翻弄する女性。周囲の力を利用して目的達成をする女性。
男性の下心を利用したり、モラルとはズレた行動をすることもある。
自分軸で物事を判断するため、周囲からの批判も多い。

出典http://www.110upweb.com/akujyogaku/definition/

********************************************************************************************

★ 日本三代悪女

日本三大悪女に挙げられるなかで、北条政子と日野冨子は必ず挙がってくる。
しかしもう一人というと、淀殿や春日の局(お福)などが挙げられるが、どうもはっきりと決まっている訳ではなさそうである。間違いなく悪女といわれている北条政子と日野冨子は本当に悪女だったのだろうか?

古来、男社会で活躍する女性は、往々にして悪女扱いされることが多い。
実際は、政治手腕に優れた、一人の政治家だったかもしれない。

●北条政子

鎌倉幕府の実権を握り「尼将軍」と呼ばれた人物。
そして、「鬼嫁」というイメージもあるが、子ども達の事では
大変な苦しみを背負いながらその生涯を終えたと思われる。

北条政子は周知の通り、鎌倉幕府の創立者、源頼朝夫人だ。現代風に表現すれば鎌倉時代のトップレディーのひとりで、夫の死後、尼将軍などと呼ばれて政治の表面に登場するため、権勢欲の権化と見る向きもある。しかし、実際は愚直なほどに愛情過多で、また壮大な“やきもち”によって源家三代の血みどろな家庭悲劇を引き起こす遠因をつくった悪女といえよう。

夫である源頼朝の浮気に激しい嫉妬の炎を燃やし、その愛人の館を跡形もなく木っ端微塵に破壊、憎っくき愛人を追い出したかと思えば、又或時は自分の生んだ長男を将軍の座から引きずり下ろし無理やり出家させた上、死へと追いやる鬼母振り、そればかりか僅か六歳の孫さえ燃え盛る炎の中で平気で殺してしまう残忍さ、更に実の父と後妻に入った義理の母を屋敷から追い出し田舎へ追放してしまう親不孝、はたまた三代将軍となった次男を孫を使って殺させたと言う暗殺事件の影の演出者ではないかと噂されるほどの大悪女、しかしその一方で彼女こそは謀略渦巻く政治の表舞台で夫頼朝の遺志を継ぎ関東の荒くれ武者を纏め上げて鎌倉幕府の基礎を築いたスーパーレディーとの評価もある。

●日野冨子

生まれてきた娘がゼニ金に不自由しないようにとつけた名前が「富子」だったのである。その父の期待に違わず、生まれてきたばかりの富子は、お金のチャリーンと落ちる音を聞きつければ、キャッキャッ笑い出し、なんかの拍子で手の平にお金が入ってくると、ぎゅっと握り締めて大人が何人がかりで開かせようとしても全く開かなかったと伝えられている。早くも3歳になったころには、侍女や乳母にお金を貸し付けて、それなりの財産を築いていたようである。

富子は応仁の乱のきっかけを作ったからという理由が大きい。
応仁の乱は、日本史上最悪の夫婦ゲンカといえよう。

政治にも積極的に口を出し、地位や権力など、使える物はフルに使ってお金儲けに走る姿に、昔も今も、「富子=悪女」のイメージが着いて回る事も確かです。

●淀殿(茶々)

美貌の持ち主で、当時の女性ではめずらしい身長170cmの美女だったようです。

第一子・鶴松を妊娠したとき、淀殿の浮気相手との子だ、秀吉の子ではない、といううわさが立ち、そのようなうわさを流した人々を処罰したこと。
淀殿が第二子・秀頼を出産した後、秀吉の養子で、これまで跡取りに考えていた秀次を自殺に追い込み、秀次の妻・側室・子どもも処刑した。

●春日局(斎藤福)

大奥と言えば・・・すぐ名前が出てくる人物。
今では映画、ドラマ、舞台でかなり活躍している人物ですねw

春日局といえば、徳川三代将軍家光の乳母となり、将軍の後継ぎ問題を円滑に進めるために、江戸城の“大奥”をつくり、半面、清楚な「賢婦人」のイメージを抱く。だが、彼女は現実にはひどいアバタ面で、壮烈なヤキモチ焼きで、勝ち気でしたたかな女性だった。

1 2 3 4 5 6 7

関連まとめ