1. まとめトップ

麻雀で1000万貯めた男、佐々木寿人と地獄の門番前原雄大との会話が腹抱えて笑える件。

【麻雀攻めダルマ】佐々木寿人と【歌舞伎町のモンスター】前原雄大のツイッターでの会話をまとめました。抱腹絶倒必至ですw

更新日: 2017年12月12日

20 お気に入り 301561 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

断る理由。

一夜明け、世界の山井編集長からラインが飛んできた。「ちなみにですが、前原さんの(連盟HPの)インタビューやってもらえますか?」私「もらえないです❗」即答だった。理由は2つ。過去に二回引き受けてやったことと、脇役が嫌いだからである。というわけで担当者はがんばって下さい。

仮に、オフアーを受けたとしても、私が、断固たる意思で断りました! 貴方は、自分ばかり目立とうとするから!( ´∀`) twitter.com/sasakihisato/s…

若かりし頃。

伝説のゲーム。

突然、暇になって、桃鉄を始める!セットのやり方を忘れヒサト社長に電話して無事開始♪ pic.twitter.com/xbwurkI6Pp

麻雀やろうと思い、前原さんに電話したら後ろの方から「ポッポー」という音が鳴った。昼から桃鉄ですわ…

佐々木寿人

佐々木寿人は、競技麻雀のプロ雀士。宮城県仙台市出身、血液型はO型。
日本プロ麻雀連盟所属(2011年7月現在、同団体内での段位は四段)。
ニックネームは「寡黙なリーチファイター」・「無敵のストリートファイター」・「攻めダルマ」。2008年、日本麻雀機構所属の女性プロ手塚紗掬と結婚。

主なエピソード

アマチュア時代は「フリーで1000万貯めた男」として名を馳せる。プロになってからも驚異的なスピードで昇段している新鋭雀士である。

雀風は超攻撃型。出和了りを期待しないリーチ(ツモ和了りを
前提とするリーチとも言える)、下りない麻雀の姿勢はフリー時代
に鍛えられた経験の裏付けとも言われる。また、メンホン・メンチン
の一色系を得意手役としている。
理想の麻雀としては、「ドメストのように根こそぎかっぱぐ麻雀を目指している」という。

麻雀プロの中では数少ない非喫煙者、
また意外なことに下戸でもある。

ライバルで親友でもある滝沢和典(王位2期の実績)とテレビ対局
で共演することが多く、ロン2の『タッキーVSヒサトの激突麻雀講座』を定期的に行っている。

細身の体型から、一部の人から「ガリクソン」というニックネームで呼ばれている。
なお、佐々木自身はあまり好んでいないようである。

後悔するような打牌をしないようにトレーニングしてんだ。

天空麻雀10男性大会優勝特別インタビューより

前原雄大

前原 雄大は競技麻雀のプロ雀士である。
東京都出身。日本プロ麻雀連盟所属(2012年現在は常務理事)、
同団体内での段位は九段。

前原雄大「見ている人に"個性"を伝えていきたい・・・・・・」

第93回 プロ雀士インタビューより

主な獲得タイトル

鳳凰位 2期(第12・25期)
十段位 5期(第14・15・24・25・26期)
麻雀グランプリMAX 1期(第3期)
グランプリ2008 優勝
チャンピオンカーニバル 2期(第1・5回)
チャレンジカップ 1期(第51回)
インターネット麻雀・日本選手権2012 優勝
モンド名人戦 1期(第7回)
モンド王座決定戦 1期(第8回)

ある日のツイート。

こんにちはー。本日発売の東スポに私の記事が載っております。16面です。是非見てください!

1 2 3 4