1. まとめトップ

3万円前後で買える「ちょっといい靴」まとめ

靴の値段はピンキリですが、3万円前後で買える履き心地が良く、飽きのこない「ちょっといい靴」をまとめてみました。個人的にかっこいいと思うものを選んでいます。

更新日: 2013年07月04日

1326 お気に入り 174494 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

LuvShmmyさん

1905年に誕生したワーキングブーツの大御所ブランド。
アメリカ中西部ミネソタ州の街、レッドウイングに本社があり、そのレッドウイングという名はかつてその土地を治めていたスー族の大曾長ワタタ・レッドウイングから付けられた。

労働者からの支持は絶大で、現在ではエリック・クラプトン等著名人の間でも欠かせない1足。

ワークブーツが定番ですが、ポストマンシューズのようにビジネスシューズとしても履けるタイプもかっこよくてオススメです。

PARABOOT(パラブーツ)のフランス・パラブーツ社は設立当初から変わらぬ伝統的な製造方法がとられており、150以上もの工程の手作業によって作られているハンドメイド製品です。

厳しいレザーの素材選びに加え、ノルウェイジャン製法、グッドイヤー製法のハンドテクニックをはじめとする高度な手仕事により、細部までこだわり抜いた靴作りを実現している為、フォーマル、カジュアルを問わずに世界中から高い評価を受けています。

デッキシューズはオススメです。

クラークスは、1825年にサイラスとジェームスというクラーク兄弟によって設立されました。創業の地はイングランド南西部の小さな町、ストリート。

出典クラークスジャパン

今やデザートブーツやワラビーはカジュアルシューズの代名詞ともいわれています。

出典クラークスジャパン

ディエッメ社は、1974年デニスとミシェル兄弟によって誕生しました。イタリア北東部の山岳地帯、ヴェネト州トレヴィゾにある登山靴専門のシューメーカー

新たなマウンテンブーツスタイルを築き上げました。イタリアのトップメゾンのブーツや靴など、数多くのトップブランドの製造も手掛けていました。

マウンテンブーツは他にも色々ブランドはありますが、「DIEMME」はシャープなシルエットなので普段履きにも適していると思います。

ジョージコックスといえばラバーソール。チャッカブーツも人気です。

1906年、イギリスのノーザンプトンで、ジョージ・ジェイムズ・コックスにより創業された。 創業当時から、グッドイヤー・ウェルト製法と、ジョージコックス社独自のウェルト製法による製品を生産し、高い評価を得ていた。

世界ではじめてラバーソールを採用した靴

1978年やはりオーストラリア人のサーファーのブライアン・スミスが、オーストラリア製のシープスキンブーツをアメリカに持ちこみ、ニューヨークとカリフォルニアで売り出した。

ムートンブーツが有名ですが、モカシンも人気です。履き込むとこなれた感じがかっこいいです。

1901年、米国ウィスコンシン州チペワ・フォールズに創業

チペワの名称は、チペワインディアンが居住していたウィスコンシン州チペワ・フォールで最初のブーツが製造さ

エンジニアブーツも有名です。

1928年、靴職人のコールとハーンの2人によってアメリカ・シカゴで設立された「コールハーン」

NIKEのルナソールを使用したモデルは少し高く(4万円前後)なりますが、軽さと履き心地にビックリされるかと思います。

1 2