1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

祝4度目のV!ソフトバンクホークスはなぜ交流戦に強いのか?

2013年交流戦4度目の優勝を果たしたソフトバンクの強さはどこにあるのかのまとめです。

更新日: 2013年06月14日

38 お気に入り 39315 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ソフトバンクが11―4でヤクルトに勝ち、2試合を残して、2011年以来2年ぶりで交流戦最多を更新する4度目の優勝を決めた。パ・リーグ勢の優勝は2年ぶり。

2試合を残して15勝6敗1分けとなり、他のチームが勝率で上回る可能性がなくなった。

交流戦SoftBank優勝おめでと (*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

優勝回数
4回 - ソフトバンク(2008・2009・2011・2013)

選手への信頼

「出る人が仕事をちゃんとやってくれた結果。日本一を目指す上でいいきっかけになってくれれば」

「ピンとこないですね。選手たちが1試合1試合戦ってきた積み重ねだと思う」

個々の選手の意識が高い

内川(8回に3ラン)「僕らの勝ちが(優勝決定の)最低条件だったので、自分たちが勝つことだけを考えた。大きな目標は、秋に日本一になること」

帆足(交流戦で4勝)「(交流戦から)すべて優勝するのも悪くない。でも、通過点にすぎないので」

長谷川(交流戦の首位打者をキープ)「もっと精度を高めて、内川さんと(リーグの)首位打者争いをできるように」

打線のつながり

交流戦途中で3番内川、4番松田、5番長谷川とつながりを重視したクリーンアップに組み替えてからは、先発の大隣、武田らを欠いた投手陣を打線がカバーして快進撃を続けた

ホークス交流戦優勝かよ!おめでとうw松田は5打数5安打の大活躍wこのままがんばってくれ!

松田宣浩内野手(30)が、交流戦優勝が決まった試合でプロ初の5安打と爆発した。
交流戦打率も12球団3位の3割5分9厘まで上げ、同1位長谷川(4割2分2厘)、同2位内川(3割8分1厘)とともにトップ3をチーム内で独占

長打狙いでなくても、次へ次へとつなぐ打線は、交流戦22試合で計131得点。松田も「この戦い方をしていかないといけないと思う」と手応えをつかんでいる。

Yahooの交流戦チーム成績を見てみると、打率盗塁失点得点1位、防御率と本塁打2位。その中でも打率と得点が2位以下を大きく離すぶっちぎりっぷり。そりゃ優勝もするだろうが、一ヶ月前はまさに殆ど逆な状態だっただけに、まさかこうなるとは夢にも思わなかったなぁ。

ホークス交流戦優勝おめでとー((o(^∇^)o)) 交流戦後半の打線のつながり素晴らしかった(´ェ`*) この調子でリーグ戦もがんばれ! ほんまにおめでとう!

1