1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

「もうにおわない」正しい部屋干しで梅雨を乗り切ろう!

「梅雨」洗濯物が溜まって憂鬱なこの季節。「部屋干しするとにおうからイヤ!」と思っていませんか?ちょっとしたコツで劇的に臭いが抑えられる方法があるんです!

更新日: 2013年06月16日

537 お気に入り 68501 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

におわない部屋干し法「その1」

一般的に、洗濯物は5時間以上たっても乾かないと、臭いを発しやすくなるといわれる。部屋干しでも、できるだけ早く乾かせば、臭いは抑えられる。

カーテンレールに洗濯物を引っかけて干す人がよくいるが、部屋の隅は風通しが悪く、乾きにくい場所だ。室内用の物干しスタンドを活用して、部屋の中ほどや風通しのよい廊下に置くのがよいという。扇風機の風を洗濯物にあてながら干すのも、大きな効果がある。

におわない部屋干し法「その2」

・カーテンレールなどに干すのは風通しが悪いのでやめましょう。

・部屋の中央など、風通しのよい場所に干しましょう。風通しの良い場所に移動する時には、キャスター付き物干し器が便利です。

におわない部屋干し法「その3」

部屋干しの洗濯物はニオイが気になるから、汚れやニオイが落ちるように、たくさん洗剤を入れる… これ、絶対にNGです。

多く入れすぎた場合、洗濯で溶け切れなかった洗剤の残りかすが衣類や洗濯機の中に残り、雑菌やカビとなってニオイの元となったり、さらにはアレルギーの原因となることもあります。

におわない部屋干し法「その4」

・室内に湿気がこもらないように、エアコンや除湿機で除湿をしましょう。部屋を閉め切ると効果的です。

におわない部屋干し法「その5」

従来の洗剤よりも除菌力を上げ、ニオイを防ぐための香りをプラスすることで、部屋干しで気になる生乾きのニオイを防ぐ効果があります。

それでもにおいが付いてしまったら

一度臭いが付いてしまうとなかなか取れません。
時間を置けば置くほど取れなくなるので早めに対処しましょう。

・熱いお湯+酵素系漂白剤に1時間以上浸けおく
このお湯がポイント。お湯は50度くらいの熱めが良いそうな。

「まnとaめvまeんr」のオススメまとめ

1